2018-06-17

衣笠 らーめん麺家和王

平成30年6月17日(日) 11:53訪問
醤油とんこつ700円を食す。

衣笠駅からすぐの場所で、いわゆる駅前に開店した店だ。しかし、残念ながらというか、やはりというか豚骨醤油ラーメンの店だった。とにかく豚骨醤油の店なら無難に客が入るからなのかな、もう少し違う系統が増えるといいのだが。
s-DSC02961_201807042153134a0.jpg

まだ新しいので、店は内外ともとてもきれいだ。赤が目立つ看板は遠くからでも目について、ついふらふらっという気になりそうだ。また、店頭の写真入りのメニューがわかりやすくっていい。
s-DSC02950_2018070421525793b.jpg

では、さっそく店内に入ってみる。どこかで見たような気がする店名のデザイン。はて、どこだったかな。
s-DSC02952_20180704215259259.jpg

食券自販機で食券を買ってカウンター席の端に席を決めて、食券を渡すと、アルバイトなのか初々しい少年が「何かお好みはありますか?」と好みをきくので、「普通で」と答えたのだが、しばし固まっていたので、「普通でお願いします」と重ねて言った。すると、厨房内に「ラーメン好みなしです!」と大きな声で伝えていた。普通と好みなしは似て非なるものだが…

そして、カウンターに面した厨房内には青年と女性、さらに店主らしき男性の3名。家族経営なのかな。うち男性が調理担当で、手際よくつくっている。そして俺のラーメンができあがり。
s-DSC02953_20180704215302166.jpg

まずまずの豚骨感だが、残念だがあまり印象に残らない。あっさりめに感じられるスープは、癖がなく飲みやすい。
s-DSC02954_201807042153037b7.jpg

ストレート麺はわりと硬めに感じられ、コシもある。
s-DSC02956_2018070421530760d.jpg

テーブルの上の調味料は、ニンニクに紅ショウガ。おろしショウガがよかったな。
s-DSC02951_2018070421525834a.jpg

でもせっかくなので、少し入れてみた。
s-DSC02957_20180704215308a84.jpg

チャーシューは大きさは満足だが、少し薄い。海苔はちょっと元気がなかった。
s-DSC02958_201807042153096a5.jpg

うずらの卵は好きなので、ありがたいサービス。
s-DSC02959_20180704215310a5a.jpg

少しスープ残したけど、ほぼ完食。
s-DSC02960_201807042153127dd.jpg

駅前で立地がいいこともあって、俺のあとからどんどん客が入ってきた。あっという間に満席。流行りそうな予感もする。
s-DSC02962_20180704232337051.jpg

【住所】   横須賀市衣笠栄町2-30
【電話】   046-854-8639
【営業時間】11:00~14:00 15:00~20:00
【定休日】  火曜
【アクセス】 電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩1分。駅を出て駅前の通りを渡ったところ。
【駐車場】 なし


【席数】   カウンター11席
【メニュー】 とんこつ醤油ラーメン700円 とんこつ塩ラーメン700円
       とんこつ味噌ラーメン750円
       海苔三昧ラーメン1,000円
       とんこつ醤油チャーシューメン900円 とんこつ塩チャーシューメン900円
       とんこつ味噌チャーシューメン950円
       学生ラーメン650円
       とんこつ醤油ネギラーメン900円 とんこつ醤油ネギチャーシュー1,100円
       とんこつ塩ネギラーメン900円 とんこつ塩ネギチャーシュー1,100円
       とんこつ味噌ネギラーメン950円 とんこつ醤油ネギチャーシュー1,150円
       中盛100円 大盛200円

       餃子350円 ライス120円
       チャーシュー丼350円
       煮玉子100円 うずら100円 ほうれん草100円
       のり100円 岩のり100円 あおさのり100円
       かつお節100円 薬味ねぎ50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-06-10

王子 中華そば椿

平成30年6月10日(日) 11:46訪問
中華そば800円を食す。

今日は趣味の検定試験で初めて王子にやってきた。
降り出しそうな雨の中、駅に降り立ってなんとなく下調べをして、駅からは少し離れるけど、試験会場に近いこの店にやってきた。
s-DSC02949_20180701100525a1a.jpg

店についたら、本格的に降り出してきた。11時30分開店だが、すでに満席。
まずは食券を買うのだが、つけめんもいいかなと思いつつ、やはり基本の中華そばにしてみる。
食券を買ったら、店内で並んでおとなしく順番を待つ。
s-DSC02941_201807011005287f2.jpg

フロアは女性店員がてきぱきと客をさばき、厨房内では、男性店員がひとりで調理。それなりに待ったのだが、先に食券を渡してあったので、席についてからはさほど待たずなかった。並んで、様子を見ていると、開店と同時に入った客へのラーメンの提供がようやくすべて終わって、後は客が食い終わって席を立ったら、次の客の麺茹でを開始していた。だから、最初こそ待ったが、後はどんどんラーメンが作られていった。

俺のラーメンもできあがり。みるからにこってり濃厚そう。
s-DSC02942_201807011005298da.jpg

想像通りの濃厚でどろっとしたスープ。もうあまりめずらしくない、豚骨と魚介のこってりスープなのだが。世間がなんと言おうと、でも好きだぜ。
s-DSC02944.jpg

やや太めの麺はちょっと太すぎかな。つけめん的な啜りだな。
s-DSC02946_20180701100535aa1.jpg

分厚いチャーシューは脂身が多いけど、それはそれでこのスープによくあっていると思う。
s-DSC02947_2018070110053651f.jpg

途中、スープの中にある柚子の風味があったような。スープは、案外ピリッとした辛味があって、最後まで飲み干せなかった。これは、やはりつけ麺のほうがよさそうだ。
s-DSC02948_20180701100538d49.jpg

後から来た客は大半が油そばを頼んでいた。油そばの次がつけ麺という人気のようだ。

さあて、腹ごしらえも済んだし、検定試験がんばるぞ。
s-DSC02940_2018070110535072e.jpg

【住所】   東京都北区王子本町2-23-9
【電話】   
【営業時間】[月~土]11:30~14:30 19:00~21:30
[日]11:30~14:30 18:00~20:30
【定休日】  水曜
【アクセス】 電車で:JR京浜東北線中央口から徒歩10分くらい。改札を出たら、道路右側を歩き、左方向に都電荒川線に沿って坂を上っていき、坂の途中の音無橋交差点の手前で右折して荒川線とは反対方向に進んでいく。そのまま坂を上がって直進した左側。
【駐車場】 なし

【席数】  
【メニュー】 中華そば800円 つけめん850円
       油そば800円
       特性中華そば1,050円
       特製つけめん1,100円
       大盛り100円 特盛り200円

       ◇トッピング
        味付玉子100円 のり50円
        ネギ100円 メンマ100円

        チャーシュー丼300円
        ライス(大)250円 ライス150円
        ライス(小)100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-06-08

相模大野 清勝丸 相模大野店

平成30年6月8日(金) 13:57訪問
濃厚つけ麺中300g780円を食す。

今日は相模大野で仕事だ。しかし、荷物が多いので、あまり動き回りたくない。駅からすぐのボーノ相模大野というところに言ってみることにした。鈴木商店のらーめん屋もあったのだが、つけ麺が食いたい気分だったので、この店に入ることにした。
s-20180608_135742451_20180716153357ef2.jpg

さすがにこの時間はあまり混んでいない。まずは入り口の食券自販機で食券を買う。ひとり客なので、アルバイトと思われる女性店員にカウンター席に案内された。この女性バイトが仕事が初めてのようので、本当に手とり教えていた。客の俺にもそれがわかるので、あまりくつろげる雰囲気ではなかったな。

厨房には男性店員ともう一人女性店員が入っているが、交互にアルバイト店員を教育している。
店員さんはいろいろ覚えることが多いようで、食券を渡すと、冷盛りと熱盛りのほかにもきあkれたような気がする。

しばし待って、つけ麺がバイト女性によって運ばれてきた。魚粉がいかにもなつけダレ。
s-20180608_140543578_20180716153401d36.jpg

本日はカメラの調子が悪く、スマートフォンで撮影したので、画像が少ないのだ。
つけダレは豚骨ベースに魚介系がプラスされたもので、ありがちだけど悪くない。濃厚といおうだけあって、どろっとして麺をよく絡めるが、味が濃いわけではない。

麺も太すぎず、気構えずに食える太さと量だ。
すべて食い終えて、スープ割りはポットで。

期待以上にうまかった。

【住所】   相模原市南区相模大野3-3-1 bono相模大野南棟 サウスモール 2F
【電話】   050-5890-7420
【営業時間】[月〜土]11:30〜0:00 [日・祝]11:30〜23:00
【定休日】  なし
【アクセス】 相模大野駅北口からすぐ。駅を出て左手に進み、ボーノ相模大野の中にある。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター10席 テーブル4人×2 テーブル2人×1

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-06-06

沼津 卓朗商店

平成30年6月6日(水) 14:20訪問
醤油らぁ麺700円+Aセット焼餃子250円を食す。

本日も静岡県に出張。今日は比較的近場の沼津周辺だ。駐車場もあって便利なこの店に寄ってみた。
s-DSC02929_201806292315299ab.jpg

さあて、何を食おうかな。おっ、こんな限定メニューもある。
s-DSC02930.jpg

う~ん、塩つけめんもいいけど。前は確か塩だったので、ここはやはり醤油かな。
そして、平日限定の焼餃子もつけておこう。
s-DSC02931.jpg

カウンターに座って、口頭で発注。少ししてできあがり。ちょっと変わった形の大きなドンブリに半分くらいの量が入っている。
s-DSC02934_20180629231538746.jpg

ぼやけてはいないけど、優しいキレのある醤油味が広がる。透明感のある味わいがいいねえ。
s-DSC02935_201806292315391ec.jpg

つぶつぶ入りの麺も健康志向でいい。長めでストレートな麺は啜り心地ががよい。
s-DSC02936_20180629231540790.jpg

ひと仕事終えての熱々餃子もまたうまい。この後は、クルマなのでもう誰とも話さないのでよかった。
s-DSC02937_2018062923154234b.jpg

少しスープを残しておしまいにした。
この醤油も悪くないけど、やはり塩のほうがキレがあって、うまい印象だったなあ。
s-DSC02938_20180629231543fc8.jpg

【住所】   静岡県沼津市日の出町2-53
【電話】   055-924-0306
【営業時間】 [平日]11:00-15:00 17:30-22:30
        [土日祝]11:00-22:30
【定休日】  無休
【アクセス】 電車で:沼津駅北口から徒歩20分くらい。駅を背にロータリーを右側に進み、そのまま道なりに駅を背に直進。大きな道路を横断し、直進。庄栄町交差点を右折し、ずっと直進して左側のホテル沼津キャッスルを越えた左側。


【駐車場】  店の前に4台、店舗向って左一軒置いた駐車場に3台
【席数】   カウンター7席、テーブル3席×2 4席×2

【メニュー】 塩らぁ麺750円
       塩くん玉らぁ麺850円
       塩味玉らぁ麺850円
       塩チャーシュー麺980円
       特製塩らぁ麺1,030円
       醤油らぁ麺700円
       醤油くん玉らぁ麺800円
       醤油味玉らぁ麺800円
       醤油チャーシュー麺900円
       特製醤油らぁ麺980円

       ◇トッピング
        極太メンマ100円 焼き海苔100円
        炙りチャーシュー250円
        全部のせ300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-06-05

静岡 清見そば本店

平成30年6月5日(火) 18:54訪問
ラーメン500円を食す。

たまには県外への出張もある。もちろん日帰りさ。
昼間は食えなかったので、意趣返しよろしく新幹線に乗る前にラーメンを啜って帰ろう。
えっ、そば屋じゃないかって。はい、ご明察。
s-DSC02928_2018062623183423d.jpg

しかし、たまにそば屋なのにラーメンがいける店がある。この店もそんな店で、駅からも近く、手軽に食えてありがたい。
何がありがたいかってかって?
そりゃ、この値段をみてもらえば、わかろうってものだ。千円なら2杯も食える。2杯が余計なら、1杯で、もう1杯分のおつりがこようってもんで、こりゃありがたい。しかも上に乗せるものなんざ、ござあせん。いたって手軽なもんで。てやんでえ。
s-DSC02922_20180626231836e2d.jpg

荷物があるので、テーブル席に座らせてもらった。女性店員が水をテーブルに水を置くのと同時に、発注。決まったぜ。
s-DSC02924.jpg

そしてメニューの裏には、「皆様の台処」を謳う、主人の謙虚な姿勢と心意気をうかがわせる言葉が綴られている。押忍。
s-DSC02923.jpg

テーブルの調味料はシンプルだ。
s-DSC02924.jpg

空いているので、ラーメンの出来上がりも早い。控えめだけど、必要な具はしっかりのっている。こういう素朴なラーメンもまたいい。
ドンブリの青い龍に緑の雷紋が少しめずらしい。
s-DSC02925.jpg

変にひねってない、まっすぐな麺はにゅうめんみたいな柔らかい食感で、素直に口に入る。
s-DSC02926.jpg

チャーシューやメンマ、なると、海苔、どれも尖らずいい。

肝心のスープは、表面に油の浮き、適度なコクがあり、そこにそば屋らしい魚の出汁も加わって、あっさりとしたうまみがある。レンゲなんてないけど、最後はドンブリを持ち上げて、飲み干して完食。
s-DSC02927_201806262318448b4.jpg

帰りの新幹線の中のビールを邪魔しないくらいの量がちょうどよかった。
ごちそうさまでした。
s-DSC02920_20180626231835a62.jpg


【住所】  静岡県静岡市駿河区南町1-6
【電話】  054-285-0649
【営業時間】10:45~14:30 16:30~19:30
【定休日】 木曜、第2日曜
【アクセス】車で:国道16号を横浜方面から観音崎方面に向かって下る。左手の湘南学院前を過ぎてしばらくしたところ。駐車場なし。バス停そば。
電車で:静岡駅から徒歩約3分。南口に出て駅を背にまっすぐ進み、静岡駅南口交差点を右折し、まっすぐ進んだところ。
【駐車場】 なし

【席数】テーブル席29名 カウンター席7名

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター