2016-02-14

逗子 永楽

平成28年2月14日(日) 12:18訪問。
煮込み野菜らあめん890円+替え玉100円を食す。

今日で2回目の訪問。しかし、おそらくこれが最後の訪問になるだろう。
s-DSC08259.jpg

というのも、今月16日で閉店の予定なのだ。そんな情報があったからなのか、昼時だからなのか、店内はほぼ満席。うまい具合にちょうど入れ替わりに食い終えた客がいたので、待たずに座れた。カウンターの上には、こんな盾がさりげなく飾ってある。そう、ミシュランガイド2015掲載店だ。
s-DSC08256.jpg

カウンターを挟む厨房内には3名の男性店員がきびきびと立ち働いている。背の高いきりりとした男性がメインで店主のようだ。最後の一杯は、煮込みらあめんに決めた。麺は固めで、口頭で発注する。
s-DSC08239.jpg

下茹で、水洗いした豚骨を70時間以上炊き続けられたスープの久留米ラーメン。野菜は、鍋で加熱して、ラーメンにのせてできあがりだ。
s-DSC08241.jpg

豚骨臭もそこそこあり、本格的な様相だ。強くはないが、とろみがあり、それでもすっきりとしたうまみのスープはコクがあって、うまい。野菜の味とうまく調和している。
s-DSC08242.jpg

固めに茹でられた細麺が、予定通りの調和具合だ。
s-DSC08243.jpg

固めのキャベツや玉ねぎなどが、甘みを出してスープとよくあって、他の野菜もスープにうま味を加えていて、普通のラーメンより広がりのあるうまさが出ている。
s-DSC08245.jpg

斜めにカットしたナルトが楽しい。
s-DSC08247.jpg

さりげなく、ちくわも入っている。
s-DSC08248.jpg

今日は、最初から替玉をするつもりだったので、麺を食い終えると、さっそく替玉を固めで、口頭発注した。厨房内で大きな声で、復唱されるのが、気持ちいい。
s-DSC08249.jpg

チャーシューは2枚。適度な固さで、うまみがあってこれもいい。
s-DSC08252.jpg

もう1枚も大きくてうまい。
s-DSC08255.jpg

途中で気がついて、すりごまを加えてみた。カウンターにあらかじめすってあるものが用意されていた。
s-DSC08257.jpg

スープはあまり飲まずに、最後までとっておいてよかった。野菜のうま味が溶けだして、広がりのある味わいが楽しめた。
s-DSC08258.jpg

銀座通りにあって、渋い店構えもあと数日。逗子の地に新しい風を吹き込んだこの店の功績は大きい。
s-DSC08260.jpg

【住所】  逗子市逗子1-8-1
【電話】  046-884-9587
【営業時間】 11:00~22:00 (日曜のみ) 11:00~20:30
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:JR横須賀線逗子駅から徒歩5分くらい。東口に出て駅を背に進み、JR逗子駅前と書かれた信号の前を右折、一方通行を逆走するように進んだ右側。     


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席
【メニュー】
s-DSC08239.jpg
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター