--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-02-09

南太田 麺家一族

平成28年2月9日(火) 17:10訪問。
ラーメン並680円を食す。

今日は外出先から直帰することにした。帰りに道に途中下車して、寄ってみた。去年の12月に南太田のドンドン商店街にオープンした店だ。看板には横浜豚骨ラーメンの看板が掲げてある。某家系店での修行経験があるらしいのだが。
s-DSC08187.jpg

中途半端な時間なので、先客は1名のみ。入口すぐわきに食券自販機が置いてある。ていねいに付箋が貼られているので、具の内容がよくわかる。ここは、順当にラーメンを選択。
s-DSC08188.jpg

カウンター席に腰をかける前に、厨房を見ると、あった。羽釜。これで、スープを炊いているようだ。隣には寸胴鍋もある。麺茹では深ざる使用。

食券をカウンターに置くと、好みをきかれる。初めてなので、すべて、普通でお願いした。応対はおそらく、店主と思われる男性。白いシャツに白いズボンとベルト。いわゆる家系スタイルでビシッときまっている。

さて、そろそろできあがるようだ。羽釜から大切にスープをとりだして、ざるで濾してドンブリに注ぐ。湯切りは、割と豪快に行って、できあがり。
s-DSC08189.jpg

出来上がったラーメンはいかにも濃厚そうだ。
s-DSC08190.jpg

実際、濃厚だった。ウズラの玉子があるからって、甘ちょろいスープを想像していたら、とんでもない。どろどろといってもいいくらい、強力なスープ。でも、案外嫌味がない。いろいろなネット情報を見ると、カエシが薄いという意見があったが、どうして、なかなか、しっかり効いている。俺には、結構びしっと効いているように思えた。むしろ、後半はしょっぱいくらいにも思えた。
s-DSC08191.jpg

麺は店頭に麺箱がおいてあったので、おそらく長多屋製麺製だろうと思う。中太の平たい麺。悪くない。濃厚スープにもよく絡む。
s-DSC08192.jpg

チャーシューは小さ目だけど、厚みがあった。
s-DSC08193.jpg

後半、無性にライスがほしくなったけど、我慢した。最後は、うずらの玉子。
s-DSC08194.jpg

スープがだんだんしょっぱく感じてきたけど、ここでこの羽釜スープを残しちゃ、義理に欠ける。わけでもなかろうが、せっかく作ってくれたのに、もったいない。根性で完飲。ごちそうさま。
s-DSC08195.jpg

濃厚だけど、後味は悪くない。意外とくどくなくて、臭みもまったくなかった。俺の後に客はなかったけど、昼はにぎわうのかな。
s-DSC08196_20160209192907cd0.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横浜市南区庚台22
【電話】  045-250-6566
【営業時間】[火~土]11:00~22:00 [日]11:00~20:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行南太田駅から徒歩3分くらい。駅を出て、前の道路を左に進む。少し進んで左にあるDONDONと書かれたアーチをくぐり、ドンドン商店街へ。そのまま進んだ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席 テーブル4人×2

【メニュー】 ラーメン並680円 ラーメン中780円 ラーメン大880円
       チャーシューメン並880円 チャーシューメン中980円 チャーシューメン大1,080円
       ネギラーメン並830円 ネギラーメン中980円 ネギラーメン大1,030円
       ネギチャーシューメン並1,030円 ネギチャーシューメン中1,130円 ネギチャーシューメン大1,230円
       学生セット並500円 学生セット中600円 学生セット大700円

       ◇トッピング
        のり(5枚)50円  ネギ150円 うずら(5個)50円
        チャーシュー200円 味付玉子100円 メンマ100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。