2016-01-19

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成28年1月19日(火) 19:57訪問。
牡蠣味噌850円を食す。

今週から始まった牡蠣味噌を食いにやってきた。来るたびに少しずつ変わっている店構え。提灯が新しくなったようだ。
s-DSC08042.jpg

先客は1名。いつも俺が座るカウンター席に座って、本を読みながらラーメンを食っている。ラーメンに集中しようぜ。そうでなきゃ、目の前で作ってくれた人に失礼だろうが。しかたなく、奥のカウンター席に座る。その前に、口頭で牡蠣味噌があることを確認して発注。また、メニューが変わっていた。一度、シンプルにメニュー統一した方がいいような気がする。
s-DSC08044.jpg

俺の直後に入った客は、ニボキチを固めで発注していた。スープが違うためだろうが、2つの小鍋でスープを加熱し、麺をゆでて、数分でできあがり。ほとんど、同時発注なので、同時にできあがり。
s-DSC08045.jpg

この店のラーメンは店主のたゆまぬ努力で、進化し続けているが、特に見た目に変わったのは、チャーシュー。赤身が増して、レアっぽさがひときわ目立つようになった。
s-DSC08046.jpg

以前食った牡蠣ニボより上品な印象だ。牡蠣の味はやや控えめだが、野趣があっておもしろい。それにあくまで煮干しがメインだが、鶏も加わったバランスのとれた味わい。煮干しの行きすぎを牡蠣が違う方向に引っ張って、それを陸育ちの鶏だしが、なだめるといった塩梅だ。
s-DSC08047.jpg

「よかったら、どうぞ」といって添えられたおろしショウガがうれしいね。
s-DSC08048.jpg

いつものぼそぼそ感がたまらない麺も、いい具合で、よくあっている。
s-DSC08050.jpg

最初から半分のっていた味玉。
s-DSC08051.jpg

半分くらい食い進んで、おろしショウガを入れてみた。このくらいがちょうどいい。ショウガは魔法だね。大抵のスープにあうようにできている。
s-DSC08052.jpg

以前より厚くなったチャーシューは、さらに肉感が増してうまい。
s-DSC08053.jpg

文句なく完食。煮干しのとがった部分をうまくまろやかに補っていて、うまかった。
s-DSC08054.jpg

何ともいえない場末感が魅力のこの店。しかし、煮干しを極める求道者的な攻めのメニュー展開が気になるので、これからも行くことになりそうだ。
s-DSC08055.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】 煮干そば700円  あっさりしつつ濃いダシ“飲む煮干”要注意
       醤油そば・塩そば650円  あっさりシンプル煮干しダシ
       煮干油そば1.5玉750円  ほかにはないマゼそばです。ニボスープ100円 卵黄50円

       数量限定
       ニボキチ750円 鶏白湯と煮干60g/杯の“毒濃”スープ
       もりニボ (ニボキチのつけ麺版) 880円(麺量225g)、800円(190g)
       牡蠣ニボ850円 牡蠣の裏ごしと煮干し・鶏の三種ダシ。口一杯に黒潮が!基本は醤油。塩もどうぞ
       黒煮干700円 黒特濃750円       

      ◇トッピング
       低温調理チャーシュー1枚100円 塩に合うバター100円
       自家製煮玉子100円 ワカメ100円

【ホームページ】http://ameblo.jp/z-three/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ちは どーも僕です。。。ことよろ

自分の中では、横須賀で進化し続けてると思う お店。。。

週末また、行って見ます。
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター