--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-24

秦野 濃厚家秦野店

平成27年12月24日(木) 13:31訪問。
博多ラーメン790円を食す。

たまには、外で仕事をしたいな。というより、遠くに行ってみたい。いや、日帰りでいいんで、たまには目新しいエリアでラーメンを食いたいな。そんな願いがかなって、今日は秦野にやってきた。

あらかじめ、下調べして「麺屋哲」という店に行こうと思ってやってきた。しかし、水曜定休のはずが、今日は木曜日なのにシャッターが降りていた。残念。時間もないので、すぐそばの家系と名乗るラーメン屋にやってきた。駐車場が広いのがいい。
s-DSC07812.jpg

しかし、さっきまで、あっさり目のラーメンを予定していたので、家系みたいな重いラーメンは今日の気分ではない。うーん、どうしようかな、と思っていたら、期間限定、博多ラーメンがあった。これにしよう。替玉1回無料で付いてます。確かにボタンを押したら、食券が2枚出てきた。1枚は替玉用だ。
s-DSC07797.jpg

どうせ元気がいいだけの店員だろうと思ったら、案に反して、ていねい女性店員がホール係りで、はきはきしていて気持ちがいい。食券を渡したら、白と黒の選択肢があるそうだが、俺は白を選択した。さらに、無料の半ライスもお願いした。それにしてもこの書体、あまり好きになれないんだよな。
s-DSC07798.jpg

固さは普通で指定した。昼どきを少し過ぎたが、次々に客が入ってくるので、待ちも発生していた。混んでいるせいか、少し待って運ばれてきた。
s-DSC07801.jpg

続いて、半ライスが運ばれてきた。
s-DSC07803.jpg

スープは、家系の豚骨醤油とは違った濃厚さがあるものの、そう重くはないところがいい。
s-DSC07802.jpg

定石どおりの細ストレート麺。
s-DSC07804.jpg

ずるずる啜っているうちに、ライスが置き去りにされていることに気がついた。
s-DSC07800_2015122620504336f.jpg

ライスの食い方にしたがって、のりで巻いて食ってみる。博多ラーメンだけどね。
s-DSC07805.jpg

チャーシューの上に乗っている辛味噌はライスにつけてくってみた。
s-DSC07806_201512262050466a9.jpg

普通の博多ラーメンにはない背脂がごろごろ。
s-DSC07807.jpg

もしかして、時間がかかるかもしれないことを予想して、早めに替玉をお願いした。今度は固めで発注。予想どおり、少し時間があって運ばててきた。
s-DSC07808.jpg

ちょっと邪道かもしれないが、せっかくなので、無料の刻み玉ネギをのせてみた。合わないわけでもない。甘みがでるね。
s-DSC07809.jpg

さて、2玉めも余裕でつるっつるっと平らげて、終了。スープは残した。ライスは完食。えっ、どうやって食ったかって?それは内緒。
s-DSC07811.jpg

【住所】   秦野市平沢725-5
【電話】   0463-79-6501
【営業時間】 11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】車で:国道246線を下り、堀川入口交差点を左折。少し進んで小田急線の線路の手前を左折して少し進んだ左側。


【駐車場】 店頭に17台分
【席数】  カウンター10席 テーブル4×2 テーブル2×2
【メニュー】ラーメン680円 ネギラーメン790円
      キムチラーメン790円 キャベツラーメン790円
      特製つけ麺790円 チャーシューメン900円
      デラックスラーメン990円 
      各種大盛110円 各種特盛210円

      期間限定メニュー 博多ラーメン790円
      チャーシュー220円 ネギ110円
      海苔110円 味玉110円
      濃厚チャーシューそぼろ30円

      キャベツ110円 ほうれん草110円
      キムチ 110円 レッドボール110円
      熱々餃子310円 熱々半餃子190円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。