--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-11-13

横須賀中央 ラーメン友

平成27年11月13日(金) 20:37訪問。
魚貝醤油ラーメン600円を食す。

先日、惜しくもシャッターが降りていた、この店を再訪問。今度は開いていた。
s-DSC07555.jpg

横須賀中央駅からすぐの若松マーケットの中にあるのだが、飲み屋が軒を連ねる、なかなか素敵な場所にある。
s-DSC07559.jpg

ちょっとだけ入りにくい雰囲気もあるのだが、気にせず行ってみる。店は2階にあり、少し急なのだが、専用の階段がついている。店に入るとカウンターがあって、先客は2名。歓談中だが、飲んでいるようで、声が大きい。俺が入って行くと、その客がちらっとこちらを見たので、これは気まずいなあ、とも思いつつ、ここまで来てしまったので、いまさら引き返すわけにもいかない。

カウンターの前には駄菓子やら珍味やら缶詰やらが並べてあり、あまりラーメン屋っぽくない。それでも、カウンター席に座ると、一人しかいない男性店員が「お飲み物は?」ときくので、えっと思ったが、とっさに「特にありません」と訳の分からない返答をしてしまった。
s-DSC07539.jpg

その後、冷静にラーメンを発注。ラーメンは1種類しかないので、ラーメンといえばすんでしまう。
s-DSC07540.jpg

厨房は奥にあるようで、麺をゆでる様子は見えるが、細かいところは見えない。しばらくして、運ばれてきた。左の椀は貝殻入れだそうだ。
s-DSC07541.jpg

見た目はラーメンとしては、とてもめずらしい。具としては、東京湾で獲れた大きなはまぐりが、メインだ。ただ、先日実食済みなので、予備知識があったので、実際はさほど驚きはしなかった。
s-DSC07542.jpg

もちろん、スープも先日同様の味だ。魚介出汁にはまぐりのうま味が十分に感じられる。貝だけにあっさりとした味わいだ。おっと、こっちははまぐりで、あさりじゃなかった。洒落はともかく、海苔の風味が、このスープによくあっていて、うまい。見た目に劣る刻みのりを使っているのも、そういう理由なのだろう。
s-DSC07544.jpg

麺は透明感のある黄色の縮れ細麺。これもスープにあっている。
s-DSC07545.jpg

メンマは市販の物かな、わざとらしい味付けが少し浮いているように感じた。豆もやしは少しぴりっとした辛味がアクセントになっている。
s-DSC07546.jpg

ラーメンの具としてはめずらしいのではないだろか、クルマ麩。魚介系のスープなので、違和感はない。
s-DSC07547.jpg

そして、白はまぐり。ふたつ入っていた。
s-DSC07550.jpg

貝って殻は大きいけど、実は案外小さい。でも、うまい。
s-DSC07551.jpg

残念だったのは、麺がくっついてこごってしまっていたこと。
s-DSC07549.jpg

それでも、全体としてはまとまっていて、うまかった。もちろん、あっさりと完食。だから、はまぐりだって。
s-DSC07552.jpg

食い終えて、会計をするときに店員にきいたら、もう開店から20日くらい経つそうだ。そういえば、この前もらった100円割引券を家に忘れてしまった。残念。
s-DSC07554.jpg

【住所】  横須賀市若松町3-13-1
【電話】  
【営業時間】18:00~スープ終了      
【定休日】 日曜祝日 
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅下車。徒歩約3分。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、斜め右にある階段を降り、若松マーケットに入る。そのまま大きめの通りを道なりに進んだところ。スナック花織の2階。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席 テーブル1人
【メニュー】
s-DSC07553.jpg
【ホームページ】https://www.facebook.com/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3-%E5%8F%8B-1053610311350522/timeline?ref=page_internal
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。