--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-11-01

横須賀中央 工藤家

平成27年11月1日(日) 12:23訪問。
正油ラーメン500円(オープン時サービス)を食す。

久しぶりに地元でラーメン活動。前から、看板でチェックしていた新規オープンの店にやってきた。ここは、もとは逗子家上町店があったところに同じような店がオープン。
s-DSC07393.jpg

以前の告知では、10月下旬予定だったようだが、11月にずれ込んだ。
s-DSC_0132_2015110113554219b.jpg

しかし、約束どおり、オープン初日の今日は限定300食を500円で販売していた。
s-DSC07408.jpg

限定300食という具体的な数字の効果てきめんで、おっとり刀で出かけた俺が到着した11時50分頃はすでに30人くらいの待ち行列ができていた。大体、自分と同じような男性ひとり客が多いが 家族連れも目立つ。並んでいる子どもが飽きてしまい、騒いでいた。まあ、連れてこられた方も気の毒だ。

列が短くなってきたころ、常識を欠いたおぢがいて、驚いた。駅方向から来たそのおぢ、一旦、入口を通り過ぎて、やおら引き返し、店内を覗くと、そのまま店の中へ入って行った。並んでいる客は、店員に声をかけられてから中に入るのが暗黙の了解なので、おそらく、店員が並べと注意するだろうと思っていたら、そのまま出てこない。あとで見たら、ちゃっかり食っていやがった。

意外と時間がかかり、暇なので、そういう人間観察をしているうちに、ようやく中に案内された。中は意外にも満席でなく、カウンター席が半分くらい空いていた。まずは、食券を買う。といっても、本日は正油と塩のみ。正油にした。
s-DSC07395.jpg

店員の家族なのか、子ども店員が水を給仕していた。俺は、自分で汲んだ。カウンターの上にはさまざまな調味料が配置してある。
s-DSC07396.jpg

ニンニクはもちろんだが、おろしショウガがあるのがうれしい。
s-DSC07397.jpg

こっちの壺は魚粉。右の壺がおろしショウガが入っていた。
s-DSC07406.jpg

大人の店員は4名、子どもの店員が2名。さすがに初日なので、緊張感が強く、今ひとつ店員の息があっていない。店員が個々で判断できることを、確認したりする場面が見られた。しかし、慣れの問題だと思われる。

しばらくして、カウンター越しではなく後ろから店員がラーメンを運んできてくれた。そういえば、食券を渡す時に、きかれたのだが、茹で方、味つけ、油量すべて普通でお願いした。さらに、提供時に、「味の濃い、薄いがあったらいってください」と、ていねいだ。
s-DSC07398.jpg

スープは、とろみがある濃厚さ。油の量がそれなりにあって、コクがある。味は、予想どおりの豚骨の甘めのうまみが全体をおおっている感じだ。こういう味、最近食っていなかったなあ。醤油味は後ろに控えている印象だ。これは、好みの問題なので、こういう味が好きな人には、どんぴしゃりの味のはずだ。
s-DSC07399.jpg

麺はやや茹で過ぎ感があったので、固めで発注した方がよかったようだ。湯切りの問題なのか、やや、べちょっとした気味だった。ちなみに、2名の客が「細麺で」といって、「今日は太麺だけなんですよ」って店員が答えていたが、通常営業では細麺もあるのだろうか。
s-DSC07402.jpg

早めに調味料を投入した。さすがに魚粉は行きすぎだと思ったが、ゴマにおろしショウガ、ニンニクにブラックペッパーをかけた。元になるスープが濃い目なので、しっかりと受け止めていて、俄然、いい感じで、食欲が増してきた。
s-DSC07403.jpg

箸でつまんだら、崩れるくらい柔らかなチャーシューは、厚みもあってうまい。
s-DSC07404.jpg

そして、まぎれもなくあの系統だということを示す、ウズラの卵入り。
s-DSC07405.jpg

いろいろ入れたので、味は変わったけど、スープまで飲み干して完食。濃厚な一杯。食わなかったけど、ライスが合いそうだ。カウンターの上をあけておくと、客がドンブリを上げやすくなるんじゃないかな。そうすると、最後に客にありがとうございます、っていえるしね。
s-DSC07407.jpg

これで、客は味を覚えたから、平常営業になってからが本番。さあ、これからが勝負だ。
s-DSC07391.jpg

そういえば、休業していた北久里浜の麺屋一丁目が本日再開。今日から3日間、麺類500円だそうだ。さらに、津久井浜のあの店が横浜に移転だそうだ。

【住所】   横須賀市上町1-46
【電話】   
【営業時間】
【定休日】
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅下車。徒歩10分弱。駅(モアーズよりの改札)を出て、右手にまっすぐ坂を上っていき、左手に派出所のある交差点を過ぎ、さらに道なりに坂を上がった右手。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席 テーブル4席×2
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつも楽しくみています。
11月終わりごろに横横家跡地に津久井浜の庄太が移転します。
一番好きな店なので、地元民としては寂しい限りです。

ちは どーも 僕です
まじっすか? 勘弁してくださいよ 庄太 店主(怒り
それは無いわーーーーー(絶叫 
この横須賀を捨てるんですか、支店ならまだしも、移転とは、、、、

私が、店主が舟倉マルゲンの時に一番に店主の経歴等をネットに紹介したのは
私ですよその横須賀を捨てるて悲しい~

修行していた 横横家跡地ですか~気軽には行けなくなりますね。でも行きますね。。。だって美味しいもん。。。

で、昨日超~久しぶりに8年ぶりぐらいに、くるまやラーメンで
味噌ラーメン食べてきました、味落ちてないし凄い美味しく感じました。。
たまには いいもんですな、、、
(本社グループが車販売をしているから 「くるまやらーめん」)





アジアン様

いつも、拙ブログをご覧いただきありがとうございます。

確かに横須賀のラーメン店では、異彩でしたので、残念ですが、店の発展のためには、その方がいいのかもしれません。
とはいえ、またひとつ横須賀の名店がなくなりますね。

kabugoma様

ちは どーも。

横横家の後にどこが入るかと思っていたのですが、こういう展開になるとは意外ですね。
特定の大学ですが、学生も多いエリアなので、客入りも今より期待できそうだし、商売ですからね。
しかし、おっしゃるように、今まで以上に混むだろし、気軽にはいけなくなるかもしれません。

横須賀は人口流出が多いので、地元に人を呼び、地元で商売を成り立たせないといけないという観点では、残念です。
でも、横須賀にとても近い場所ですから、ここで大きく稼いで、横須賀に帰ってきてほしいですね。

くるまやラーメンの原点は、やはり味噌ラーメンですね。個人的にはライスと餃子も合わせたいです。

情報ありがとうございました。
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。