--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-10-26

横浜 麺場浜虎

平成27年10月26日(月) 15:28訪問。
季節限定 オニオンヌードル900円を食す。

横浜駅で降りるのは久しぶり。打ち合わせと打ち合わせの合間にちょうど時間ができたので、ここいらで腹ごしらえをしておかないとな。嫌いではないのだが、それほどに好きでもない。でも悪くない。鶴屋町の裏通りで、なぜか降って湧いたように、客がいる店。品がいいとはお世辞にもいえない店。実は、最初は久々に本丸亭を訪れたのだが、定休日だった。次なる選択肢はこの店。
s-DSC07379_20151027222315279.jpg

久しぶりだけど、秋も深まりつつあることだし、今日は季節限定にしてみよう。きっと理由があるに違いない、オニオンチーズ。食券を買ってカウンター席に案内されたが、恐るべし、この時間でほぼ満席。居心地のよくない、大きすぎる音量の音楽に耐えながら、ラーメンの到着を待つ。
s-DSC07370.jpg

混んでいたので、少し待ってラーメンがカウンター越しに提供された。一見して、凝りに凝った創作ラーメンという印象だ。厨房の様子を見ている限りでは、普通に作っていたが、ていねいに盛り付けられた様子が尋常ではない。通常の具とは明らかに違うものがのっている。
s-DSC07371.jpg

スープは、基本形はクリアーなうま味がいっぱいなのだが、ここに具をアレンジして楽しむのを前提にしているようだ。
s-DSC07372.jpg

とろける自家製クリームチーズソースという、ラーメンの上にのるものとしては、とてもめずらしい。品のよいクリーミーさがたまらない。調理人のしたり顔を想像してしまうほど、意表をつく面白さ。しかも、うまい。
s-DSC07373.jpg

カリカリに揚げられたネギもスープに浸して、楽しめる。
s-DSC07376.jpg

麺は大盛り無料なので、遠慮なく大盛りにしてもらった。
s-DSC07374.jpg

チーズの上に乗っている赤い実は、ピンクペッパーということだが、奥歯で噛むと、なるほど胡椒味。独特の風味がいい。鶏チャーシューもい具合だ。
s-DSC07377.jpg

もっと堪能したかったのだが、そろそろ行かないと、次の仕事が間に合わない。あわただしくて、スープは残してしまったけど、満足な一杯。ごちそうさま。
s-DSC07378.jpg

【住所】   横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1 鶴屋町第二ビル1F
【電話】   045-311-3336
【営業時間】 11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:JR・東急東横線・みなとみらい線・京浜急行線横浜駅きた西口徒歩5分。きた西口を出たら、まっすぐ進み、右折して短い橋を渡ったらすぐに右折し、路地に入る。四叉路の太い道へやや左折気味に進んだ左側。手前左側にソープランドがある。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター20席 テーブル4席×2
【メニュー】醤そば700円 コク醤そば760円 黒豆納豆そば800円
      活力醤そば800円
      塩鶏そば850円 コク塩鶏そば850円 塩ねぎ鶏そば1,000円 
      つけ麺720円
      塩鶏スープわんたん(10個入)680円 塩鶏スープわんたん(15個入)830円
      メンマめし260円 黒豆納豆めし260円 叉焼めし260円
      白めし100円 味玉おにぎり250円
      ◇トッピング
       半熟味付け玉子100円 柔蒸豚叉焼150円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。