--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-09-26

東戸塚 麺処 心志

平成27年9月26(土) 12:09訪問。
つけ麺800円+天然酵母パン150円を食す。

土曜出勤は外での仕事。幸い午前中に仕事がひと段落したので、6月に開店して、ちょっと話題になっていたこの店にやってきた。
s-DSC07172.jpg

この場所は、確か以前極極があったところではないだろうか。あれから10年の時を経て、再びラーメン店が復活したということのようだ。


さて、この店の特徴は、何といっても、これ。つけパンだ。天然酵母パン。しかも、つけ汁との相性Good!だそうだ。
s-DSC07173-2.jpg

店内に入って、すぐに食券自販機があるが、迷わずつけ麺のボタンを押した。もちろん、天然酵母パンも忘れない。ボックス型のテーブル席は埋まっていて、カウンター席は先客なし。カウンターは、店員がラーメンを提供しやすいような通路を挟んだ、コの字型だ。
s-DSC07150.jpg

店内は3名の店員で仕切っていて、奥に厨房があった。すぐあとから年配の夫婦らしき客が入ってきたが、つけ麺ではなく、らぁめんを発注していた。期待に胸をふくらませて待っていると、やがてカウンター越しに提供された。
s-DSC07153.jpg

平打ち麺は整えられていて、盛り付けもきれいだ。
s-DSC07154.jpg

濃厚そうなつけダレは、厳選した良質な国産鶏を使用した濃厚スープだそうだ。見るからにうまそう。
s-DSC07155.jpg

そして、少し遅れて提供された、天然酵母パン。2種類ある。
s-DSC07157.jpg

では、さっそく。パンではなく、麺から。少し黒っぽい粒々が入っているようにも見える。色つやがいい。
s-DSC07158.jpg

つけダレにつけて食ってみると、濃厚でほどよくコクのある味に魚粉がよく絡まって、うまい。最近のつけ麺は麺がやたら太かったり、箸にも棒もは大げさだが、相当こってりのスープもあったりと多彩だが、このつけ麺はその点、実にオーソドックスで食いやすい。
s-DSC07159.jpg

じゃ、パンを食ってみます。プレーンで食うと、固めの歯ごたえがなかなか楽しい。では、つけてみる。まあ、合うといえば、合うかな。
s-DSC07161.jpg

丸いパンは中にチーズが入っていたので、これはつけずに食った方がよさそうだ。
s-DSC07166.jpg

ナルトのせパン。
s-DSC07168.jpg

長~い穂先メンマ。
s-DSC07163.jpg

チャーシューは、表面に炙り目がついている。
s-DSC07165.jpg

味もほどよい加減だった。
s-DSC07167.jpg

麺もパンも食い終えたら、スープ割りだ。目があったら、すぐに気がついてくれた。いったん、器を回収してから仕上げてもってきてくれた。
s-DSC07169.jpg

スープ割りは、癖がなくていい具合だ。麺にのっていたゆずを残しておいて、合わせてみたら、さっぱりとうまい。
s-DSC07170.jpg

つけ麺はくどくもなく、さっぱりすぎず、食い手を選ばないうまさだ。つけパンはおもしろいアイデア。すべて完食。ごちそうさま。
s-DSC07171.jpg

しかし、見渡す限り、つけパンしている?のは俺だけだった。初回訪問の客が一巡して、リピーターが多いのかな。
s-DSC07173.jpg

【住所】  横浜市南区六ッ川4-1205-3
【電話】  045-826-5100
【営業時間】11:00~15:00 18:00~23:00
【定休日】月曜日(祝祭日も休み) 
【アクセス】車で:国道1号線を戸塚方面へ向けて走り、山谷交差点を左折。少し進んだ左側。


【駐車場】 店の裏手に2台分
【席数】  カウンター11席 テーブル4席×2
【メニュー】
s-DSC07149.jpg

【店舗Web】http://shinshi-mendokoro.com/side.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。