--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-09-23

相模原 大勝軒直伝 金太郎

平成27年9月23(水) 11:14訪問。
つけ麺(並)750円+半熟味玉100円を食す。

秋の連休最終日。出立が午後になると、渋滞にはまるのは必定。したがって、ちともったいないのだが、朝に新潟を出て、どこにも寄らずに帰途についた。都内を経由するのはためらわれたので、圏央道を経由する。しかし、夕べからあまりまともな食事を摂っていないせいか、腹が減ってきた。相模原で降りて、どこかでラーメンを食って行こう。

前から店は知っていたのだが、未訪問のままだったので、この機会に寄ってみようか。11時開店なのでちょうどいい。駐車場もすぐ近くで便利だ。
s-DSC07129.jpg

店に入ると開店早々だが6名の先客がいた。まずは、食券自販機で食券を購入するしくみだ。
つけ麺やラーメンといった大勝軒メニューと、とんこつ野菜や油そばという非大勝軒メニューの2系統に分かれている。そこまで、重く食うつもりもなかったし、初訪問なので、看板メニューであろう、つけ麺を選択した。
s-DSC07121.jpg

水はセルフサービスだ。カウンター上はきれいに整えられている。あらためて、客のようすを観察すると、ひとり客が多い。そして、ほとんどの客が、大量麺と具材のとんこつ野菜を食っている。この店は、このメニューが圧倒的に支持されているようだ。
s-DSC07122.jpg

調理の様子はあまりよく観察していなかったのだが、つけ麺なので、それなりに時間がかかるだろうと覚悟していた。しかし、存外早く提供された。おなじみの器だ。つけダレには玉子が1.5個。しまった、玉子がすでに標準で入っているのだった。
s-DSC07123.jpg

それでは、さっそく食ってみる。まず、感じるのは、麺が妙に温いこと。そして、ふにゃっとした食感。水での締め方が明らかに不足だ。しゃきっとしていない。残念。麺が減っていくにつれて、ゆで汁がドンブリの底にたまっているのがわかる。よって、せっかくのつけダレもどんどん薄まっていく。
s-DSC07124.jpg

つけダレは大勝軒らしさはあるが、水きりのあまさで台無しに。具材のチャーシューは、ほどよい味付けと柔らかさだった。
s-DSC07126.jpg

味玉は、最初からつけダレのスープにどっぷりと浸っているので、本来の味はいまひとつわからない。
s-DSC07125.jpg

麺を食い終えたら、ドンブリにかなり水が残っていた。割りスープはあえてお願いしなかった。
s-DSC07127.jpg

あとから来る客も全員が、とんこつ野菜ラーメンを食っていた。大勝軒直伝と謳ってはいるが、どうも、大勝軒メニュー以外が標準の店のようだ。今度来ることがあったら、別メニューを試してみたい。
s-DSC07131.jpg

【住所】  相模原市中央区清新7-1-1
【電話】  042-751-6628
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道16号線を八王子方面に向かい、相模原駅入口交差点を左折し、少し進んだ左側。


【駐車場】 店の手前の清新立体駐車場に停めると無料サービスあり
【席数】  カウンター11席 テーブル4席×3
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。