--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-08-23

両国 まる玉 両国本店

平成27年8月23日(日) 12:59訪問。
まる玉らーめん味玉子入り780円を食す。

今日も青空が広がって、暑い。今日は少し足をのばして、この店にやってきた。
s-DSC06598.jpg

場所は両国だ。両国といえば、国技館。ではなく、江戸東京博物館に企画展を見学にやってきた。そして昼食は駅からもほど近いまる玉だ。この界隈は日曜定休の店もあるのだが、ありがたいことにこの店は営業していた。
s-DSC06596_201508262210062af.jpg

普段はもっと並んでいるのかもしれないが、外には5名ほどが並んでいた。もっとも店内には並ぶ余地がないので、外で並んでいて声がかかったら店内に入るしくみのため、店内には待っている客はおらず、さほど時間はかからない。しかし、たまたま並んでいるところが、日影が少なくて、陽ざしが少々つらかった。

並びながら、メニューが選べる。この店のメニューはとてもシンプル。基本のラーメンにトッピングの種類が変わるだけだが、こういう潔い店はかなり好みだ。
s-DSC06599_201508262244313f0.jpg

待つこと15分あまり。ていねいな対応の男性店員が店に招き入れてくれる。あおさ入りとも迷ったのだが、味玉子入りを選択した。
口頭で発注する。店内はカウンター席に4人掛けテーブル席がひとつ。

店内はもちろん満席だったが、思ったほど待たずにラーメン登場。
s-DSC06600_20150826224433be5.jpg

店内外とも質素な感じだったが、ドンブリは意表をついて色彩豊かだ。
s-DSC06602.jpg

どんよりと落ち着いた色合いがいかにも、うまそうだ。味玉を除いた標準形は、青ネギとあおさにチャーシューといたってシンプルだ。
s-DSC06603.jpg

では、期待を込めて、ますはスープから。鶏白湯のパイオニアと謳うだけあって、今日や昨日の駆け出しの鶏白湯スープとはわけが違うってな具合で、濃厚なのにすっきり。鶏の風味はもちろんするのだが、嫌味は、まったくといっていいほどない。品のいい、とろーりとした印象。写真もとろんとしてしまった。
s-DSC06604.jpg

あおさを混ぜて飲んでみる。ちょっぴり海の味がする塩味が加わって、余計にコクを感じるしかけだ。
s-DSC06607.jpg

麺は、なるほど、茹で時間が短いわけだと思われる、細麺。少し縮れがある。麺の量はさほど多くないので、伸びる心配はない。そのかわりか、替玉システムがある。
s-DSC06605.jpg

きれいなチャーシューは、柔らくて、味もちょうどいい。
s-DSC06606.jpg

ねっとりとした半熟の味玉子。味付は濃すぎず、ちょうどよかった。
s-DSC06609.jpg

かなりの客が替え玉を発注していた。なるほど、気持ちはわかる。しかし、このラーメンはスープが命だ。だから、替玉でスープを薄めることなく、飲み干す。完食だ。
s-DSC06610.jpg

上質な鶏白湯のラーメン。鶏白湯で世界に通用するラーメンを作りたい。豚や牛とは違うので、世界征服ラーメンの可能性もあるかもしれない。と思ったらすでに海外でも出店していた。
s-DSC06611.jpg

濃厚なのに、くどくない。コクがあるのにすっきりしている。何より後味がいい。鶏白湯の原点がここなのか。とにもかくにもごちそうさま。
s-DSC06597_201508272204092fe.jpg

【住所】  東京都墨田区両国2-11-1
【電話】  070-5201-5690
【営業時間】平日11:30~14:30 17:30~21:00 日祝11:30~15:00
【定休日】 不定休

【アクセス】電車で:JR総武線両国駅から徒歩5分くらい。改札を出たら、駅を背に右方向へ。線路のガードをを左に見ながらくぐると、両国駅西口交差点。そのまま直進し、両国二丁目交差点を右折。正面は回向院。少し進んだ左手。両国一丁目交差点角。


【駐車場】 公郷神社近くに2台
【席数】  カウンター10席 テーブル4席

【メニュー】まる玉らーめん680円
      角煮入り1,080円
      チャーシュー入り980円
      あおさ入り880円
      青ネギ入り880円
      味玉子入り780円
      生からし入り780円
      替玉(おかわり)100円

      別のせ
      角煮400円 チャーシュー300円
      青ネギ200円 あおさ200円
      味玉子100円 レモン100円
【店舗web】http://www.ma-rutama.com/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。