--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-07-12

浦賀 広香居

平成27年7月12日(日) 16:08訪問。
冷し中華880円を食す。

今日はいろいろあって、直行直帰の仕事を終えたら、すでに昼時間を過ぎていて、またまた遅すぎる昼食をとることになった。浦賀駅にほど近い中華料理店。1階と3階が客席のようだ。ということは、2階が住居なのか。
s-DSC06142.jpg

今回が初訪問。店の入口には料理の写真がずらりと並ぶ。さて、何にしようか。本日の定食。5番にしようかな。
s-DSC06121.jpg

さらに、もう1枚看板があった。冷し中華だ。これもいいな。
s-DSC06120.jpg

店の外で思案していても暑いばかりなので、ひとまず店に入って考えよう。ずらりと並んだテーブル席に客はいない。この店の子どもなのか、幼児が2人いた。
s-DSC06123.jpg

改めてメニューを見てみる。麺類だけでもメニューは豊富だ。赤い縁のチャーシューがうまそうだな。
s-DSC06124.jpg

まだ、思案していると、冷たいお茶とおしぼりが運ばれてきた。さて、迷った時は初心に帰って、チャーハンのセットかな。いや、冷やし中華か。結局また、迷い始めてしまう。ここは、本能にまかせて。「すいません、冷し中華」、結局冷し中華にした。
s-DSC06127_201507132021358a1.jpg

ゆず醤油とごま味があるそうで、俺はごま味を選んだ。テーブルの上を調味料の補充をしている母親らしい店員に幼児がまとわりついている様子が、何となく場末の食堂みたいな雰囲気だ。家族経営なのかな。と、思ったら他にも支店があるようだ。

客席からは見えない奥の厨房で調理をしているようだ。しばらくして、はこばれてきた。
s-DSC06128.jpg

俺の想像していたのと違う。これって、ゴマだれなのか?確かに白ごまがかかっているけど。
s-DSC06129.jpg

まあ、せっかくなので、気を取り直して食ってみよう。細めの麺は、よく締められていて冷たい。
s-DSC06130.jpg

次にチャーシュー。赤い縁取りだ。素朴な味つけがいいね。
s-DSC06131.jpg

蒸した鶏肉。思ったより全然癖がなくて、うまい。
s-DSC06133.jpg

錦糸玉子ではなく、幅広玉子。薄いけどね。
s-DSC06134.jpg

おっと、辛子を忘れるところだった。シウマイ用なのかな。小さな袋入り。これを麺につけると、ぴりっとしていいんだ。
s-DSC06136_20150713212002cb7.jpg

食っている最中に、サービスです、ということで、スープが提供された。
s-DSC06137.jpg

とろみがついたスープは薄味だった。でも悪くない。
s-DSC06139.jpg

食い終わったけど、やっぱりこれってゆず醤油味なのかな。それにしては、柚子の風味は感じなかったな。ということは、これが、ごま味なのか。もはや店員にもきけなかった。でも、まあ、さっぱりとした味で悪くはなかった。
s-DSC06138.jpg

これから、宴会時間になるのだろうか。ちょうど、ランチとディナーの間の時間に訪れたようで、俺が食っている間中、客は誰も入って来なかった。たまには、こういうのもいいかな。
s-DSC06141.jpg

【住所】  横須賀市浦賀3-1-6
【電話】  046-841-6828
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:電車で:京浜急行浦賀駅すぐ。徒歩約1分。改札を抜け階段を下り、駅を背に横断歩道を渡ってすぐの左側。


【駐車場】提携駐車場サービス券
【席数】  テーブル6席×1 テーブル4席×7 テーブル2席×1

【メニュー】タンタンメン850円 海鮮そば850円 
      パイコー麺700円 自家製ワンタンメ麺700円 
      牛バラ肉そば750円 豚角煮そば750円
      ラーメン550円 チャーシューメン650円
      海老そば750円 野菜タンメン750円
      鶏肉の細切りそば650円 ほか
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。