2010-05-20

鶴見 中華そば・若松

特製・若松(醤油)880円
CIMG2083.jpg

横須賀中央から鶴見に移転して、初めて訪問した。
メニューは醤油、塩、黒鰹、つけめんに別れていた。塩と迷ったが、一番左上の若松と書かれたボタンを押した。おそらく特製・若松のことと思われる。カウンターのみ10席ほどのこぢんまりとした店内は清潔で好感がもてる。13時半過ぎで、先客はなし。男女の店員2名体制。

待つ間にカウンターに置いてある替え玉の注意書きを見ると、替え玉150円を頼むと醤油には鰹粉末、塩には海老粉末をのせてお出ししております、とのこと。そうこうしているうちに、深ざるで湯切りをして、ドンブリに盛りつけられ出てきた。

チャーシューが3枚と味付玉子がのっている。この辺が中華そばと特製の違いだと思う。クコの実の彩りが目立つ。スープをひとくち飲む。思っていたより、出汁が強めで、味わいははっきりとしている。鶏と魚介系の出汁バランスがよいので、いやらしさはない。揚げネギもそれほど癖がなく、よいアクセントになっている。目立ちすぎる癖はないが、醤油のうま味もよくいかされている。細すぎないストレートな麺も味わいがよく、食欲をそそる。具材は特にチャーシューがよかった。飾り気のない肉のうま味がストレートに出ている。厚みもありボリュームがある。しかも3枚入っている。メンマは少し甘みを強く感じた。

食っているうちに、店員がカーテンの向こうへ隠れた。黙々と食って、スープまで飲み干して完食した。カウンターの下にあったティッシュペーパーで洟をかんでいたら、再び店員が現れた。何となく気恥ずかしくなって、早々と退散した。店を出てあらためてみたら、かなりわかりづらい外観だ。これじゃ、店の存在を知っている人でないと、なかなかわからないかもしれない。横須賀のころは地味だけど、わかりやすかったのだが。もっとも、店の存在を知らない人はもともと来ないのかもしれない。

CIMG2087.jpg

【住所】  横浜市鶴見区鶴見中央3-1-6ダイアパレス鶴見第2-111
【電話】  
【営業時間】昼の部11:30~14:30 夜の部18:00~スープ終了時まで
【定休日】 水曜日 

【アクセス】JR・京浜急行鶴見駅から徒歩5分くらい。JRは東口から京急の線路を越える。京急の線路を左にみながら、京急鶴見駅を後にし、線路沿いに進む。高架下の駐車場があるので、細い道を右折。マンション1階にいろいろな店が並んでいる中の一店。わかりづらい。

【駐車場】 なし。店舗前にコインパーキング
【席数】  カウンター10席

【メニュー】醤油-若松880円、チャーシュー麺900円、中華そば650円 鰹パンチ100円
      塩 -若松/塩880円、塩チャーシュー麺900円、塩そば650円 海老パンチ100円
      黒鰹-特製黒鰹880円、肉増し黒鰹980円 替え玉150円
      つけめん-特製つけめん1000円、つけめん880円、つけめん大盛150、替え玉(小)100円
      お好み-味付け玉子100円、のり100円、メンマ100円、こがしねぎ30円

【店 Web】 http://www015.upp.so-net.ne.jp/menmenpapa/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター