2015-06-14

北久里浜 吉田製麺店横須賀店

平成27年6月14日(日) 11:29訪問。
鶏つけそば780円+われたまご50円を食す。

1週間に1日の休みは地元でラーメン。すっかり地元に定着した感じのあるこの店に久しぶりにやってきた。11時からの営業で、まだ昼には時間があるけど、先客9名。なじみ客も多いようだ。
s-DSC05827.jpg

今日のねらいはこれ。期間限定の鶏つけそば。期間限定だけど、いったいいつまでの期間限定なのかわからない。とりあえず、まだやっていてよかった。
s-DSC05826.jpg

カウンター席のみの店内はコの字型に細長くカウンター席がのびている。初めて奥の席に案内された。あらためてみると、手作りっぽい木の椅子。どこか昔の小学校の椅子みたいな印象。これは、もしかして、本当に手作りだったりして。
s-DSC05829.jpg

発注は口頭で行うしくみ。はきはきして、ていねいな女性店員が対応するはずだったのだが、待ちきれずに厨房にいた男性店員に声をかけたら、わざわざ厨房から出てきて、注文を受けてくれた。数量限定のわれたまごの在庫を確認したら、OKとのことだったので、それも発注。
s-DSC05828.jpg

しかし、まだ選択肢があるのだ。あつ盛りかひや盛りを選ぶ。ひや盛りで。麺の太さは太麺と細麺から選択。うーん、どちらがいいのかわからない。どっちがいいですかね、ってきいたら、細麺を選ぶお客さんが多いですという、日本人的な発想の答えだった。もしや暗に店員さんのオススメかもしれないので、細麺にしておこう。

発注から10分くらいで提供された。つやつやした麺と白濁したつけダレ。玉子は麺の方にほっている。
s-DSC05830.jpg

まずは麺だけ食ってみた。さすがに製麺店を名乗るだけあって、なかなか啜り感と風味がよく、コシもあってうまい。そういえば、もうひとつあった。中盛りまで同じ値段なので、中盛りでお願いしていたのだ。
s-DSC05831.jpg

では、つけダレにつけて食ってみることにする。癖のないクリーミーな味に揚げネギの苦みがほどよいアクセントになっていて、濃いけどすっきりな味わいだ。麺はおそらく細麺でよかったと思う。
s-DSC05834.jpg

太目のメンマが豪快で印象を与える。
s-DSC05836.jpg

小さ目にカットされたチャーシューが入っているのだが、濃いめに味付けされているものの、すじばっていまひとつうまくない。
s-DSC05837.jpg

玉子はほとんどゆで卵。味玉ってかんじではない。
s-DSC05840.jpg

麺を食い終えて、スープ割りをお願いした。女性店員が別の器で提供してくれる。
s-DSC05841.jpg

スープは適度な濃厚さなので、あまりスープ割りは多く入れすぎないほうがいいようだ。
s-DSC05843.jpg

つけめんそのものは、後半少し単調な感じだったが、こうしてスープ割りにすると、こちらの方がいい感じだ。
s-DSC05844.jpg

すべて食い終えて、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC05846.jpg

今度またつけ麺が食いたくなったら、寄ってみよう。
s-DSC05825.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】  横須賀市根岸町3-1-6
【電話】  
【営業時間】11:00~14:30 17:00~23:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩10分弱。駅前の大きな道(国道134号線)を渡り、右方向に進む。根岸町交差点を左折して、少し進んだ右側のマンションの1階。
      
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター13席
【メニュー】つけそば700円 濃厚つけそば880円
      ラーメン780円 鶏白湯780円
      小盛~中盛 同一料金
      大盛100円増し
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン770円
      豚めし300円 ごはん150円
      ◇トッピング
      味玉100円 メンマ100円 野菜100円
      焼きノリ100円
      焼豚8枚180円 焼豚6枚350円
      特製(味玉・焼豚3枚)250円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター