--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-02

新横浜 カーザルカ

平成27年6月2日(火) 13:20訪問。
ミラノとんこつラーメン900円を食す。

あまり多趣味ではないのだが、このところ、趣味と仕事でいろいろ多忙で、本来ラーメンも大切な趣味なのだが、つい更新が後回しになってしまった。これも、俺の要領の悪さが原因だ。

ということで、しばらく前のラーメン記憶をよみがえらせながら、日記をつけていくことにしよう。

この日は、先月29日にオープンしたラーメン博物館のこの店。カーザルカ。床屋と洋装店の間の店だ。
s-DSC05636.jpg

この店は以前はNARUMI IPPUDOがあった場所だ。当たり前だけど、ほぼ居抜き。
s-DSC05654.jpg

以前はフランスだったが、今回はミラノからの出店。イタリアといえばパスタ。世界的にとはいわないが、日本以外でもラーメン好きが広がりつつあるようだ。しかし、豪快に啜る文化にまでいっているのかは、わからない。
s-DSC05657.jpg

そんな先入観もあって、正直にいえばこうした逆輸入店はものめずらしさはあっても、あまり期待はしていない。だけど、そういう時に限って、極めてうまいラーメンに出遭えたりもするので、味についての先入観は禁物だ。
s-DSC05643.jpg


食券を購入しているそばから、店員が案内を待ち構えている。ミラノっぽいのかな、ずいぶんと元気がいい。混んだら、相席ね、という断りで、テーブル席に案内された。空いているカウンターでもいいのだが。結局、最後まで相席はなかったのだが、変に気を遣って、急いで食った。
s-DSC05642.jpg

筆の運びで、過去完了形なってしまったが、まだラーメンはきていなかった。食券を渡すと、麺の固さを「アルデンテかノーマルかお選びください」ということだったので、最初だから、ノーマルにしてみた。直後に同じ店員が他の客に「アルデンテがおすすめです」って言っているのを聞いて、失敗したかな、と思った。だったら、俺にも先に教えてくれよ。ラーメンは食券を渡して約10分で運ばれてきた。
s-DSC05644.jpg

丸い器が、かわいらしい。
s-DSC05646.jpg

スープには馬油がのっていて、微かに香る、こうばしい香りが、俄然食欲をあおる。スープ自体は100%豚骨だそうだが、癖のない豚骨というのが第一印象。タレは、曰く、「2種類の醤油に和だしを加え、香味野菜をオリーブオイルでグリルしたものを漬け込みます」ということだそうだが、そんなに複雑な味はしなかった。総じて、上品なコクのある豚骨スープの面白みに欠けるところを馬油で補っているといったところか。しかし、このスープはどういうわけか、段々としょっぱい印象にかわっていく。
s-DSC05647.jpg

麺も曰く、「パスタ用デュラムセモリナ粉とイタリアパンに使用される小麦粉をブレンド。程よいモチモチ感と歯切れの良さが特長の中細ストレート麺です。」だそうだが、スープとの絡みはよくない。スープはいいのに、麺がパスタっぽく、残念な感じだ。これは、アルデンテにしたら、なお好みでなくなりそうな、スープとの乖離が感じられた。
s-DSC05648.jpg

具のチャーシュー。一応、また、ラーメン博物館のサイトから引用。コピー&ペーストだ。「チェーシューは豚バラ肉にイタリア産岩塩を擦り込み、グリルしたものを真空低温調理で柔らかくしっとりと仕上げています。パンチェッタの製法を取り入れ、豚の旨味を引き出しています。」チェーシューはおそらく日本ではチャーシューのことだと思う。肉に対しては、何かいろいろこだわりが強いようなことは推察できる。それで、柔らかくて味はうまい。だけど、小さい。あくまでも品よく、ということなのだろうか。
s-DSC05651.jpg

メンマ。これもこだわりがあるのかな。普通に感じた。
s-DSC05649.jpg

ナルト。まさかね。
s-DSC05652.jpg

少し、しょっぱいのと麺が俺の好みではなかった。まあ、イタリアンに合わせてあるのだろうから、ところ変われば、なのだと思う。馬油の助力もあって、完食。
s-DSC05653.jpg

これは、日本にいながら、他国の最先端ラーメンを知る機会としてはおもしろいが、価格はイタリア基準なのか、ラーメン博物館基準なのか。このラーメンに、この価格をどう評価するかは客入りで判断かな。限られた店舗数で、逆輸入店をどれくらいいれるかなど、悩ましそうだ。博物館と銘打っているだけに、ラーメンの文化的側面も重要なので、こうした店を入れる価値はよくわかる。
s-DSC05641_201506122224152c8.jpg

最近、わかったのはラーメンは本当に国境を越えているようだということ。新横浜で、ここだけ外人が多い。主にアジアの人々。いいことなのだと思う。
s-DSC05630.jpg

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F
【電話】  046-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。


【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター9席 テーブル4席×5

【メニュー】ミラノとんこつラーメン900円 キングとんこつラーメン1,200円
      ベジ醤油ラーメン820円 ペペロンチーノ和え麺880円
      パンチェッタ風チャーシュー(4枚)300円 のり(3枚)300円 
      パルミジャーノチーズ150円 
      味玉150円 温玉100円
      カーサから揚げ(4個)400円
      替え玉200円

【店舗Web】http://www.raumen.co.jp/shop/casa-luca.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。