2015-05-07

平塚 めん屋元助

平成27年5月7日(水) 11:55訪問。
つけめん(しょう油)中盛800を食す。

今日は平塚へやってきた。天気もいいので、つけ麺で検索したら、この店にたどりついた。しかし、店の前まで来て驚いた。平日なのに、しかも駅からかなり離れる立地なのにもかかわらず、失礼ながら何と、店外に行列ができていた。幸い、次の仕事までに1時間くらいは余裕があるので、並んで待つことにした。
s-DSC05396.jpg

待つ身はつらいもので、結構長く感じたが、実際には短かったのかもしれない。いずれにしてもかなり待ったような気がする。そして、ようやく女性店員に案内されて、店内に入って食券を購入。しかし、まだ満席なので、店内にある丸椅子に腰かけて順番を待つ。

やがて、席があいた。店内はカウンター席のみなのだが、このカウンターが見事な一枚板で、店の外見と違ったイメージで、なかなか凝った造りだ。カウンターの向こうは厨房。目隠し的な低い壁があるものの、作業の様子はよく見える。ご夫婦なのか、互いにほとんど口をきかずに阿吽の呼吸で、手際よく立ち働いている。とはいっても、愛想はとてもいい。
s-008.jpg

麺茹では7分ほどかかるようだ。それでも、長居をする客はいないので、開店はいいようだ。
s-005_201505112120502b0.jpg

そして、俺のつけ麺が提供された。勢いで中盛にしたので、麺は多めだ。なかなかうまそうな外見。
s-DSC05390.jpg

麺は、よく水でしめられていて、弾力もあってうまい。つけダレは、豚骨魚介系ではあるのだが、予想外に甘みを感じたのが意外だった。しかし、それはそれで、慣れてくると、妙に納得できるところもあり、それも織り込み済みなのかもしれない。

つけダレに沈んでいるチャーシューは、見た目どおりの強めの味付けで、こえは想像どおりのうまさ。しかも、肉厚で食い応えあり。
s-DSC05391.jpg

メンマは、穂先メンマで、こちらは抑え目の味付けになっていた。
s-DSC05392.jpg

柚子が入っていた。これは、全体とうまくバランスがとれていて、濃厚一辺倒でない演出がされている。
s-DSC05393.jpg

つるつるっと麺を食い終えてスープ割りをお願いすると、一旦、器を回収してから、スープを片手鍋で温めて、注いてくれる。味が大きく異なることなく、元の風味を保ったまま楽しめた。
s-DSC05394.jpg

スープ割りも飲み終えて、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC05395.jpg

店主は調理中でも、食い終えて出ていく客に、必ず顔を向けて挨拶をしているのが、好感だった。BGMのカーペンターズも落ち着く感じでよかった。

【住所】  平塚市横内3361
【電話】  0463-55-9888
【営業時間】11:30~16:30
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道1号線を小田原方面へ下り、榎木町を右折し、国道129号線へ。四之宮林町交差点を左折し、少し進んで、真土小学校入口交差点を右折する。そのまま道なりにしばらく進んだ左側。

【駐車場】 店頭に7台分
【席数】  カウンター9席

【メニュー】つけめん(しょう油)並盛750円 つけめん(しょう油)中盛800円
      つけめん(しょう油)大盛850円
      チャーシューつけめん(しょう油)並盛950円
      チャーシューつけめん(しょう油)中盛1,000円
      つけめん(しょう油)大盛1,050円
      らーめん(しょう油)並盛700円 らーめん(しょう油)大盛800円
      チャーシューめん(しょう油)並盛900円
      チャーシューめん(しょう油)大盛1,000円
      チャーシュー丼250円 ライス100円
      ライス大盛150円 白髪ネギ100円
      味付玉子100円 メンマ200円
      のり100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター