--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-03-14

反町 自家製麺SHIN

平成27年3月14日(土) 18:37訪問。
特製らーめん950円を食す。

思い立って、以前から行ってみたいと思っていた店を初訪問。
s-DSC04686.jpg

夜の反町界隈はなかなか魅力的だ。少し離れた並びの中華そば八龍はガラス張りなので、外から店の様子が見えるのだが、ほぼ満席。隣の味醂亭も以前はよく訪れていた。

店頭にはメニューの写真などが貼ってある。俺は、普段は知らない店でも、店の前でじっくり観察してから店に入るような野暮なことはあまりしないのだが、人通りもないので、ちょっとじっくりとみてみた。
s-DSC04670.jpg

店の薀蓄。興味のある方はお読みくださいっていう但し書きが気に入った。化学調味料はナルトを除いて極力排除というのが好感だ。
s-DSC04672.jpg

意外と軽い扉を引いて中に入ると、やや狭苦しい印象。店の手前に食券自販機が設置してある。限定メニューが人気があるようなのだが、初めてなので、基本のラーメンにしよう。と思ったが、味玉らーめんと迷って、特製にしてみた。コートを勝手にハンガーにかけ、厨房にいる女性店員が元気に客に話しかけているようすをみながら、案内もされないが、支障もなさそうなので、空いているカウンター席に腰かけた。

初めての店は、どうも勝手がわからないのだが、落ち着いてみていると、常連ばかりのように見えていたが、女性店主が厨房で調理をしながら、一方的に話しかけているのだった。客の方はあまり、反応していいないのだが、それでいて決して嫌がっているそぶりはないどころか、喜んでいる様子がみてとれる。

カウンターの上は、赤がアクセントの調味料類が並ぶ。しかし、このカウンターテーブルの奥行きが極端に狭い。もともと、奥に細長い幅の狭い店舗なのだが、おそらくこれ以上カウンター幅を広くすると、座った状態で後ろを客が通れないということなのかもしれない。しかし、カウンターの行きが短い分、足もとも狭い。
s-DSC04674.jpg

揚チキンが人気のようで、大抵の客が頼んでいたが、揚げるのに5分くらいかかります、っていっていた。何しろ店主ひとりなので、時間はかかるだろうなと思っていたが、案外早くできあがり、カウンター越しに手渡された。
s-DSC04675.jpg

「チャーシューが小さかったので、1枚おまけしておきました」といわれて、悪い気はしない。素直に、「ありがとうございます」と感謝した。きちんと整えられたレイアウトなのだが、ワイルドな印象とも表現しようと思ったが、それは的を射ていないようである。言い方をかえると、どこかおおらかな見た目の印象だ。
s-DSC04676.jpg

スープから味わってみる。鶏や豚、魚介系にシイタケなどでとっている出汁はバランスがいい。鰹節や煮干しなどの風味が前面に出ており、俺には好みの味だ。細かく浮いた鰹節などが、またいいい。
s-DSC04677.jpg

「特製のお客さん、しょっぱかったらいってくださいね」って、俺のことか。食っている途中で話しかけられた。てっきり常連の客にだけ訪ねているかと思いきや、全員にきいているのだった。だから、独り言ちているようにみえていたのだ。「大丈夫です」と返答した。

麺がいい。自家製麺と謳うだけあって、なかなかの啜り心地。フランスパン用粉を使用していると薀蓄にはかいてあった。つるっとしていて、パスタほどではないが、コシがしっかりとしていて、少しだけぶっきらぼうな印象が魅力的だ。
s-DSC04678.jpg

そして、チャーシュー。小さいって言っていたが、肉厚でボリュームはじゅうぶん。少し冷たくて、最初だけ印象はいまいちだったのだが、食い進むと、うまい。適度な弾力と固さで、肉のうま味がしっかりと味わえる。
s-DSC04679.jpg

姫竹(細竹)。歯ごたえよく、さっぱりとしている。こういう素材の味が活かされているのは好みだ。
s-DSC04681_20150314230431e0f.jpg

ナルトは普通だ。一片だけ入ったゆず。これはときどき、風味に変化をもたらしてくれる。
s-DSC04682.jpg

味玉は、出汁の味がしっかりとしみ込んでいて、これはうまい。半熟具合もすばらしい。
s-DSC04683.jpg

麺もスープも味わって完食。ドンブリをあげたら、すかさず「作った甲斐があります」といわれた。
s-DSC04684.jpg

「また、お待ちしています」とか、「気をつけて」とかいろいろな声をかけられた。味もさることながら、ついついまた来ます、って気持ちにさせられる。事実、「また、来ます」と言って去る客もいた。

この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  横浜市神奈川区反町1-3-8
【電話】  045-548-3973
【営業時間】11:30~14:30 18:00~21:00  (日・月・火は昼の部のみ営業)
【定休日】 水曜 
【アクセス】電車で:東急東横線反町駅から徒歩5分くらい。駅を出たら、目の前の国道1号線を右に進む。線路をくぐり、反町交差点を右折。そのまま、まっすぐ進んだ右側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席
【メニュー】揚チキン麺950円 特製らーめん950円
      味玉らーめん850円 チャーシュー麺1,050円
      らーめん750円
      旨辛らーめん850円 揚チキン旨辛らーめん1,050円
      特製旨辛らーめん1,050円
      アゴ塩らーめん800円 特製アゴ塩らーめん1,000円
      揚チキンつけめん1,000円 特製つけめん1,000円
      味玉つけめん900円 つけチャーシュー1,100円
      つけめん800円
      新担担麺850円
      半熟味付玉子100円 ミニ揚チキン100円
      揚チキン250円 チャーシュー300円
      小ライス100円 日替り小鉢100円

【店舗web】Twitterhttps://twitter.com/tammachishin
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。