2015-03-02

藤沢 ラーメン二郎 湘南藤沢店

平成27年3月2日(月) 12:26訪問。
ラーメン豚2枚690円を食す。

藤沢にやってきた。ひと仕事済ませたあとだったので、今日はランチタイムに余裕がある。こういうときこそ、行列店だな。
というわけで、初訪問となる藤沢の二郎へ行くことにした。しかし、肝心な腹に具合を相談してみると、さほどすいてはいないそうだが、ここは少々無理をしてでも、がんばってもらうことにした。

春が近づいてきているのが、わかるような暖かな陽気で、コートなしの背広姿もちらほら見かける。俺は、駅から銀座通りを進んで、店を目ざした。初めてでもすぐにわかる、おなじみの黄色い看板。外に行列はなかったので、案外空いているのかもしれない。
s-DSC04551.jpg

と思って、店に近づくと店員がひとり店の外にいて、「おひとりですか?」ときくので、そうだ、と答えると、食券を買って待つように指示された。
s-DSC04543.jpg

そして、ふと店内を見ると、細長いカウンター席はびっしりと埋まっていて、その後ろにはこれまた客がずらりと並んでいる。おとなしく最後尾についた。客も慣れたもので、ひとり席が空くと、ひとりがそこに着くという具合で、案外開店が早い。

ほどなくして、入口近くの席に座れた。給水器が近いので、便利だ。さらに、待っている間に観察して、レンゲは給水器の上にあるのを自分でもってくるということも分かったので、水といっしょに忘れずにもってくる。

事前に並んでいるときに、食券というプラスチックの板の色を確認されていた。そのプラ板をカウンターに上げて、しばらくすると、「ニンニク入れますか?」の問いかけがある。たずねるのは、若い男性店員だが、ずいぶんと物腰が柔らかい。俺は、仕事中なので、ニンニクは少な目、でお願いした。
s-DSC04545_201503041941380cd.jpg

すぐにカウンターの上にラーメンが置かれた。
s-DSC04546.jpg

横から見ると、野菜は少しドンブリを越すくらい。ニンニクもちょうどいい量だ。麺は茶色がかった平打ち麺で、表面はもちのような食感で中はしっかりとしたコシがある。
s-DSC04547.jpg

野菜の下から掘り出した、大きなチャーシュー。厚さも相当なものだ。しかも、適度な柔らかさと強めの味付けがうまい。
s-DSC04548.jpg

醤油色のスープは、案外甘みが強い。生卵もメニューにあったが、これは生卵と合うかもしれない。
s-DSC04549.jpg

ラーメン二郎は、ずいぶん以前に鶴見店で食って以来なので、雰囲気にのまれないように気負っていたが、食ってしまえば、入るものだ。もちろん満腹なのだが、意外と苦しいほどではなかった。といっても、これ以上は入らないが。というわけで、スープは残した。
s-DSC04550.jpg

こんなに客はいても、厨房の中の店員は2名、入口でもっぱら客の整理にあたる店員が1名。食い終わったドンブリをカウンターに置いて、「ごちそうさまでした」の声をかけて、暖かな外に飛び出した。
s-DSC04544.jpg

部活帰りの高校生など後から後から客が来る。しかも男ばかり。さすが。
s-DSC04553.jpg

【住所】  藤沢市本町1-10-14
【電話】  
【営業時間】11:00~14:30 17:30~21:30 (日曜祝日 11:00-20:00)     
【定休日】 毎週木曜日 
【アクセス】電車で:JR藤沢駅より徒歩10分くらい。北口に出て、さいか屋を右に見ながら、銀座通りを進む。、直進した先に南仲郵便局前交差点を過ぎ、南仲通り交差点を過ぎた右側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席
【メニュー】ラーメン豚2枚690円 豚入り豚5枚790円
      汁無し80円
      大ラーメン豚2枚790円 大豚入り豚5枚890円
      ニラキムチ100円 生卵50円
      粉チーズ100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター