--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-28

久里浜 壱角堂久里浜店

平成26年12月28日(日) 14:02訪問。
味玉豚骨ラーメン700円+替玉100円(+消費税)を食す。

久里浜に12月8日にオープンした店。いわゆる家系ラーメンを名乗るチェーン店のようだ。だったので、あまり急ぐこともあるまいと今日やってきた。
s-DSC03790.jpg

ここで、話は前後してしまうが、店の場所などをあらかじめ「壱角堂」というキーワードでインターネットで調べてみた。すると、壱角堂久里浜店(姉妹店)というページがあり、ここだなと場所を確認。この時点で「(姉妹店)」って何だろうと思っていたが、「壱角家」というWebサイトの中にあるのに、店舗名が「壱角堂」となっていることまで気がつかなかった。

どんなラーメンかと壱角家のWebサイトの中にある、壱角家のラーメンというページをみたら、家系ラーメンの最高峰という文言があったので、昨日に続いて家系(亜流)だと思い込んでいた。さらに、メニューを見ると、うずらの卵ものっているようだ。

という先入観でやってきたので、博多ラーメンの店も出来たのか、と見逃し、再度戻ってきたのだった。よく見ると、ラーメンの下に壱角堂という屋号のマークがあったので、間違いない。何か釈然としないまま、店の前に貼られたメニューを見たら、情熱の博多ラーメンがメインのようだが、油そばや台湾まぜそば、さらには、すためしなどもある。ううん、迷う。ことはなく、素直に豚骨ラーメンを選択。
s-DSC03771.jpg

店に入ると、女性店員に、まずは喫煙するかを尋ねられた。禁煙店は多いが、分煙店は珍しい。喫煙席はガラスで囲われていて、喫煙者はあまり感じないかもしれないが、うがった見方をすれば、さらし者みたいな見え方もする。俺は、ひとりなので、禁煙のカウンター席に案内された。

注文は口頭で行うしくみ。ラーメンを頼むと、次に麺の固さを尋ねられる。固めで、発注。すると、セットでなくてよいかと念を押されるので、ラーメンを食いに来たので、ラーメンだけでいい、と心の中でつぶやいた。正面にドリンクバーがあって、学生は無料のようだ。カウンターの上はこんな具合。壺がにんにく。ゴマをする小さなゴマすり器も用意されていた。
s-DSC03772.jpg

客はそこそこ入っている。テーブル席は空き席もあったが、真ん中に衝立を挟んで向かい合うカウンターは半分くらい、客が座っていた。そのせいか、固めだけど、8分くらいで運ばれてきた。レンゲの周りに油が浮いている。
s-DSC03775.jpg

チャーシューの真ん中に辛味噌がのるスタイルは、どこかで見たような。
s-DSC03776.jpg

白濁スープは、臭みはまったくなく、見た目以上にさらっとしていた。ひと口飲んで、やや甘みが前面に出ているが、豚骨ぽいが、少し強引なうま味が後からついてきて、あまり好みではなかった。さらに、飲んでみると、軽いというか、全体に奥行きのない平板なスープという印象が強くなった。
s-DSC03777.jpg

ストレート細麺は、もう少し固めでもよかったかもしれない。もしかしたら、湯切りが甘いのかもしれないと思えた。
s-DSC03779.jpg

メンマは業務用かな。
s-DSC03780.jpg

どうにも、コクが足りないというか、麺をすする楽しさがあまり感じられない。スープが薄いのかな、と思いながら、ゴマと紅ショウガ、後でコショウも入れてみた。さほど、印象は変わらない。
s-DSC03781.jpg

とはいえ、麺は決して多くないので、腹具合と相談して、替玉を追加した。替玉も固めだ。
s-DSC03782.jpg

替玉には、ぼそっとした味わいを求めたいのだが、そういうわけにもいかなかった。
s-DSC03783_2014122914285754f.jpg

チャーシューは大きいのだけど、薄い。持ち上げ方が悪かったせいか、網目状になってしまった。
s-DSC03784.jpg

味玉はかかなり白身が厚い。やや固めの半熟。普通にいける。
s-DSC03787.jpg

いろいろと加えてもみたけど、結局、スープは残してしまった。
s-DSC03788.jpg

運よく俺の担当だった女性店員は、比較的落ち着いていて、気にならなかったが、開店からまだ日が浅いせいか、表面上は問題なく回っているようだが、オペレーションが多少もたついているような面もみえた。店員どうしでのオーダー確認が大きな声で、すっかり客に聞こえていたり、声の出し方とか、接客時の対応や掛け声みたいなものもバラバラな面がみられた。

客の半分くらいが、セットメニューを食っていた。すためしっていうのは、すた丼というのと同じもののようだ。家に帰ってから「すためし」でネットを検索したら、株式会社ユウシンという会社がすためしを展開しているようで、サイトにもこの店の紹介ページがあった。しかも、壱角家からのリンクと同じページだ。(FC)と書いてあるので、独立店のようだ。

そして、この会社が展開しているのが、だるまのめという九州博多ラーメンで、ラーメンの外見がこの店のラーメンとそっくりだった。これで、腑に落ちた。さらに、壱角家の方をみてみたら、株式会社チカラめしという会社が運営しているチェーン店で、グループ企業に、さきほどの株式会社ユウシンもあった。なるほど。ちなみに、すた丼の方は別の会社が展開する飲食店だった。

次来るとしたら、こってり豚骨ラーメンの方がよさそうだ。深夜3時までの営業。がんばるなあ。
s-DSC03791.jpg

【住所】  横須賀市佐原4-9-10
【電話】  046-874-6520
【営業時間】11:30~3:00
【定休日】 
【アクセス】車で:国道134号線を下り、湘南橋を右折し佐原方面へ。佐原交差点を左折して、横浜横須賀道路の高架をくぐり、少し進んだ右側。
【駐車場】 店横
【席数】  カウンター7席×2 テーブル4人掛×4 喫煙席テーブル4人掛け×4
【メニュー】豚骨ラーメン600円 味玉豚骨ラーメン700円
      こってり豚骨ラーメン650円 こってり味玉豚骨ラーメン750円
      黒マー油ラーメン700円 味玉黒マー油ラーメン800円
      こってり黒マー油ラーメン750円
      こってり味玉黒マー油ラーメン850円
      塩豚骨ラーメン600円 味玉塩豚骨ラーメン700円
      赤ネギラーメン750円 味玉赤ネギラーメン850円
      チャーシュー麺850円 こってりチャーシュー麺900円
      塩チャーシュー麺850円
      黒マー油チャーシュー麺950円
      こってり黒チャーシュー麺1,000円
      赤ネギチャーシュー麺1,000円
      味噌ラーメン800円 味噌バターラーメン850円
      焦し味噌ラーメン900円 焦し味噌バターラーメン950円
      
      台湾まぜそば まくり飯付き880円

      油そば並680円 大730円 特盛+50円
      チーズ油そば並750円 大800円 特盛+50円
      温玉油そば並800円 大850円 特盛+50円
      辛油そば並730円 大780円 特盛+50円
      チーズ温玉油そば並870円 大920円 特盛+50円

      すためし小550円 中650円 大750円
      塩すためし小550円 中650円 大750円
      チーズすためし小650円 中750円 大850円
      葱すためし小650円 中750円 大850円
      生姜焼き丼小550円 中650円 大750円
      ミニ黒カレー300円
      黒カレー小550円 中650円 大750円
    
      お得セット+290円
      ミニラーメン、ミニ油そば、ミニスタめし、ミニカレー
    
       替玉100円 ライス単品100円
       生卵50円 バター50円
       温玉70円 黒マー油100円
       味玉100円 のり(4枚)100円
       メンマ100円 
       すためし用チーズ100円 すためし肉増し230円
       チャーシュー(3枚)250円 
       肉汁餃子300円
【店舗Web】http://ikkakuya.jp/store_information/52.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。