2014-11-25

新横浜 無垢

平成26年11月25日(火) 13:17訪問。
焦げ味噌ラーメン950円を食す。

3連休が明けて、今日から仕事だ。連休すらあまりない俺にとって、3連休明けはかなり酷だ。そんな自分を慰めるために、昭和の街にやってきた。今日も夕暮れが心地よい。いつきても夕暮れだ。
s-DSC03454.jpg

ということで、今日もラーメン博物館。全店をめぐるスタンプラリーで、B2階を時計回りに訪れてきたが、今日はこの店。さほど気持ちが躍らないのと、写真は無関係だが、なぜかピントがあわない。
s-DSC03452.jpg

いつもは空いているのに、今日に限って、満席。まあ、不平を言わずに素直に待つことにした。気持ちを変えると、案外すぐに案内されるものだ。昨日とうって変って、気温が下がったので、ここは味噌でしょう。
s-DSC03455.jpg

カウンター席に案内された。目の前にはこんな缶詰。まったくうまそうに見えない。
s-DSC03456.jpg

目の前に積み上げられたドンブリ。メニューによって色が違うのか。店内には都合6名の店員がいた。いらぬお世話だが、少し多いのでは。研修中の人もいるのかな。それから気になったのは、いちいち、「麺入ります」とか「麺あげします」とか「味噌20秒」とか。わざとらしい掛け声も鼻につく。何かにつけて発せられる、「よっ」ていう掛け声も自分たちだけが客とは隔絶した優越感を楽しんでいるようで気に障った。まあ、印象だから、人それぞれだろうけど。でも、ラーメンづくりもパフォーマンスではなく、必然性のある所作がニッポン的だ。味噌ラーメンはいちいちドンブリに火を入れるのかな。炎を立てるパフォーマンスも必然なのかな。いちいち気にしないほうがよさそうだ。
s-DSC03457.jpg

この匙みたいなレンゲは前回きたときに、使い勝手が悪かったのを覚えている。底が薄くて、あまりスープをすくえない。
s-DSC03458.jpg

愛想のいい女性店員が運んできてくれた。
s-DSC03459.jpg

きれいとはいえないが、逆に妙に食欲をそそる外見。馬油の黒味がうまそうだ。
s-DSC03460.jpg

では、スープから。ベースの出汁が甘いのか、かなり甘みの強い味噌味。せっかくのマー油が浮き上がってしまった感じ。奥行きも感じられず、軽い印象だ。
s-DSC03465.jpg

パスタのような、と表現してもあながち間違っていないだろうと思われる麺。スープとの独立性が高いような印象だ。
s-DSC03468.jpg

もやし、キャベツ、ネギ。炒めてあって、渾然となっているが、スープに溶け込んでいる。
s-DSC03469.jpg

焦げ目のあるチャーシュー。
s-DSC03470.jpg

食いやすいサイズで、香ばしい味わい。
s-DSC03472_201411262238447dd.jpg

玉子は、ちょっと馬油まみれ。
s-DSC03474.jpg

スープは、後半だんだん飽きがきてしまった。このレンゲと鉢状のドンブリは完全なミスマッチで、これ以上掬って飲むのは、面倒くさい。終了。
s-DSC03475_201411271924346a0.jpg

帰り際にスタンプを押してもらったら、「あと少しですね」といってもらえた。あと2店だ。
s-DSC03476.jpg
獺祭も好きじゃない。この店のまた来たい(期待)度は、★☆。

そういえば、何だかんだでよく訪れていた麺の坊砦は1月12日で卒業することとなった。残念。次はどんな店が入るのだろう。

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F
【電話】  045-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。
【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター6席 テーブル6席×2 テーブル4席×1

【メニュー】無垢ラーメン900円 焦げ味噌ラーメン950円
      無垢ツヴァイテラーメン1,200円 ベジタリアン味噌ラーメン900円
      ◇トッピング
       のり増し三國屋有明産150円 チャーシュー増し(2枚)150円
       味玉増し150円 麺大盛り200円
      ミニ無垢ラーメン570円 ミニ焦げ味噌ラーメン600円

【店舗Web】http://www.raumen.co.jp/shop/muku.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター