--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-10

上田原 拉麺酒房 熊人

平成26年8月10日(日) 18:00訪問。
醤油拉麺730円+追い鰹仕立て150円&ゆで玉子50円を食す。

上田でのラーメンはこちらが本命。上田城と北国街道をほっつき歩いたあとは、開店の18時の15分前に到着。さすがに1番だった。上田は当然のことだが、そば屋の方が人気のようだ。刀屋や草笛などの人気店は開店前から行列がすごいらしい。比べれば、ラーメン店はさほどではない。とはいえ、開店前から並ぶ客はほかにもいた。
s-DSC01991.jpg

店舗の外で待って、ぴたり18時に、「お待たせしました」の言葉とともに開店。
s-DSC01997_201408122140574b1.jpg

玄関で外履きを脱いで、下駄箱に入れ、店に入る。店舗内は、大きな座敷とカウンター席に別れている。
s-DSC02008_201408141809352c7.jpg

店内に通されると、まずは水と、熱いおしぼりが置かれた。そして、地元産の小麦「夢かおり」の塩炒りが、ていねいな口上とともに提供される。この店は、無化調はもちろんのこと、天然素材のみ使用。どっちも同じか。しかも麺も自家製。自家製麺だけでなく、石臼挽きによる自家製粉だそうだ。地産地消を掲げているからこその提供と思われる小麦の塩炒り。何か旅情もあって、居酒屋に来たみたいだ。もちろん、はじめて食った。素朴な味わいで、つまみによさそうだ。
s-DSC02003.jpg

そして、メニューが豊富というか、詳細に読まないと理解できないところがあり、俺なりに解釈して、これが標準であろうと思われるメニューを発注した。
s-DSC02006.jpg

気になって基本を越えて発注したのは、追い鰹仕立て。よおくメニューを吟味して、滅多に来られないこともあり、追加してみた。
s-DSC01998.jpg

店員はホール係りの男性だけでなく、全員丁寧で、物腰が低いようだ。厨房にいる店員も含め、おそらく3名。最初に出てくる小麦の塩炒りについては、もう何回となく言っているだろうが、すべての客に対して、心がこもった言い様がすばらしい。こういった何気ない対応を、少し観察すれば、わかるものだ。ところで、なかなか発注を確定できなかったので、せっかく1番に入ったのに、4番目くらいの発注になった。20分弱待って、到着。
s-DSC02011.jpg

スープ。出汁はメニューによると、「鶏ガラ、もみじ、鯖枯節、宗田枯節からシンプルかつ贅沢に抽出しました。あっさりとしながら滋味あふれるこのスープが熊人の基本スープです。」とのこと。そして、味付けは松本の大久保醸造、甘露醤油だけだそうだ。
味わいは、追い鰹仕立てにしたこともあって、魚介風味が強いのだが、決してバランスが崩れているわけではない。いいね。鰹風味が増した分、かえって裏方に回りがちな鶏の出汁が前面に出てきた。油分が少ない分、スープの素性が問われるのだが、醤油の味わいはとがっていなくて、マイルド。でも、醤油の奥行きが感じられてグッド。
s-DSC02012.jpg

麺は自家製粉もあるようだ。自家製麺ではなく、自家製粉。今回食った醤油拉麺は自家製麺。薄口醤油拉麺と薄口かけ拉麺が自家製粉らしい。で、この麺。細めの縮れ麺は、プルンとした食感で、啜り心地がいい。この麺は多加水麺ということだが、麺のうま味がスープに負けないくらい、優っている。だからといって、スープとの相性が悪いわけではない。
s-DSC02017.jpg

具材もよさそうだ。メンマはほどよい固さと味付け。これは、見た目だけでなく味付けも品がいい。
s-DSC02018.jpg

ほうれん草は新鮮。
s-DSC02022.jpg

かわいいサイズのナルトもこだわりがあるようだ。静岡県のいちうろこ社製ぐち入り無鱗なると、だそうだ。
s-DSC02021.jpg

そして、チャーシュー。豚ロースのチャーシューは、まったく前知識なく食ったら、意外にもさりげないスモーク風味が、たまらなくうまい。これは、相当いい。スープや麺を凌駕しないくらいのほどよく上品な味わい。
s-DSC02020.jpg

いつもの習慣で頼んだ、ゆで玉子は別皿で出てきた。こだわりっぽい塩も添えられていた。
s-DSC02012_20140815080331d95.jpg

半分は塩をふって食った。
s-DSC02024.jpg

残り半分はラーメンにのせて食った。
s-DSC02023.jpg

これは追い鰹仕立てにしないと、そばみたいな印象なんだろうな、と思いながら食い進み、難なく完食。うまかった。
s-DSC02025.jpg

「よい素材は、活かすにはよりシンプルがよいと思います。それでじゅうぶんです。ただし惜しげもなく使うことが大事です。」とのことだ。店の玄関に貼られた、素材を提供している会社や商品の紹介。
s-DSC02026.jpg

食い終えて店を出ると、明かりが灯っていたが、これは、前もって知っていないと、民家だと思って見過ごしそう。少なくともラーメン屋とは気がつかなそうだ。
s-DSC02028.jpg
俺が今まで食ったラーメン店の中では、かなり満足度が高い。ラーメンへのこだわりや、店の雰囲気、店員の対応など、どれもよかった。ということで、この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  長野県上田市上田原1588-4
【電話】  0268-26-1713
【営業時間】11:30~14:00 18:00~20:30
【定休日】 月・火曜日(祝日であっても休み)
【アクセス】車で:上田から安曇野方面へ県道77号を進み、千曲川を渡り、赤坂交差点を左折。続いて赤坂上交差点を直進。道なりに進んで、右からの道路と合流し、創造館入口交差点を直進。さらに進んだ四叉路交差点を、セブンイレブンを右に見るように左折。しばらくすすんだ左側。
【駐車場】 店周辺に10台
       DSC01988-2.jpg

【席数】  カウンター5席 座敷6卓
【メニュー】■醤油拉麺(細麺が標準)
        かけ拉麺550円 醤油拉麺730円 
      ■薄口醤油拉麺(粗挽き麺が標準)
        薄口かけ拉麺600円 薄口醤油拉麺780円
      ○大盛(1.5玉)は+150円、半盛(0.5玉)は-50円
      ○焼豚増しは+200円、焼豚抜きは-50円
      ○メンマ増しは+150円、メンマ抜きは-50円
      ☆細麺→粗挽き麺は+50円、粗挽き麺→細麺は-50円
      ☆ゆで玉子、生玉子各50円
      ☆ライス150円、半ライス100円
      ☆味の濃いめ薄いめ、麺の硬さ対応
      ☆追い鰹、追い煮干仕立ては各+150円

      醤油スープ
      鶏ガラ、もみじ、鯖枯節、宗田枯節からシンプルかつ贅沢に抽出しました。
      あっさりとしながら滋味あふれるこのスープが熊人の基本スープです。

      ■味噌拉麺(太麺が標準)830円
      ■辛味噌拉麺(太麺が標準)880円
      ■鰹味噌拉麺(太麺が標準)880円
      ■煮干鰹味噌拉麺(太麺が標準)880円
      ○大盛(1.5玉)は+150円、半盛(0.5玉)は-50円
      ○焼豚増しは+200円、焼豚抜きは-50円
      ○メンマ増しは+150円、メンマ抜きは-50円
      ☆細麺、中太麺、粗挽き麺(+50円)へ変更できます。
      ☆ゆで玉子、生玉子各50円
      ☆ライス150円、半ライス100円
      ☆味の濃いめ薄いめ、麺の硬さ対応

      味噌スープ
      基本のスープに米粉を加えてとろみをつけています。
      味噌の風味を大切にし、一杯ずつ小鍋で作っています。
      太麺のため、少々ゆで時間がかかります。

      ■つけ麺(細麺が標準)680円
        『醤油』『味噌』『辛味噌』からお選びください。
        具材は青菜のみ
      ■特製つけ麺(細麺が標準)830円
        具材に焼豚とメンマが付きます。
      ■焼豚つけ麺(細麺が標準)1,030円
        焼豚増しになります。
      つけ麺オプション
       醤油つけ麺には、お好みで柚子胡椒をおつけします。
       味噌つけ麺・辛味噌つけ麺には、お好みでにんにくをおつけします。
      ☆中太麺、太麺、粗挽き麺は+50円(店主おすすめ)
      ☆大盛り(1.5玉)は+100円
       つけ麺は1玉だと少なめなので大盛りがおすすめ
      ☆特盛り(2玉)は+200円
       「細麺」「太麺」「粗挽き麺」など合盛り(2種盛り)できます。
      ☆各種つけ麺スープ追加は350円
      ★秋・冬(10~3月)は、カレー拉麺となります。

      ■塩拉麺(細麺が標準)
        塩煮干し拉麺780円 瀬戸内の白口煮干を贅沢に、追い煮干し仕立て
        潮鰹拉麺780円 最上級の本枯れ鰹節を使った、追い鰹仕立て
      煮干しオプション
       追い煮干しダブル(2倍:150円増)930円
       追い煮干しトリプル(3倍:300円増)1,080円
      煮干し/鰹節オプション
       かけ仕立て(具材なし)100円引き
       丸ごと仕立て(出汁をひいた煮干し・鰹節がまるごと入る)100円引き
      ☆品質保持のため数量に限りがあります。
      ☆大盛り不可、替え玉となります。
      ☆味の濃いめ薄いめ、麺の硬さ対応
      
      水餃子 2個150円 4個300円

【店舗Web】http://kumajin.com/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。