2014-07-20

日ノ出町 麺屋 成

平成26年7月20日(日) 12:36訪問。
中盛 成(なる)油そば670円を食す。

まさかの連食。朝昼兼用にしては、ちょっと物足りなかったので、腹ごなしも兼ねて、炎天下のなか、歩いて移動。この界隈では、醤和、ハングリーピッグなどが近くにあるが、この店だけは未訪問だった。
s-DSC01818.jpg

夏季限定冷しつけ麺、なんてメニューもあるが、ここは基本の油そばから。ちなみに、黒板の左下の記事によると、カロリーはラーメンの約1/3、塩分はラーメンの1/2だそうだ。日直、成。
s-DSC01816.jpg

では、さっそく入店。自動ドアを開けると、入店を知らせるチャイムが鳴って、店の奥の厨房から男性店員が出てきた。まずは食券を買うシステムだが、並盛も中盛も大盛も無料。迷ったけど、さっき食ってるし、大盛はやめておこう。でも、折角無料なので、中盛にした。男性店員に食券を渡すと、厨房に戻って、調理スタート。先客はない。店内はテーブル席もカウンター席もあるが、空いているので、ひとりだけど、一番広い6人掛けのテーブル席に腰をおろした。
s-DSC01788.jpg

では、油そばと何か。テーブルにあった解説。ラーメンとは何か、みたいなことを書いてある店はないので、油そばって、まずは啓蒙活動から入らないといけないようだ。ちなみに、油そばとは、スープの無いラーメン。ドンブリの底にあるタレをかき混ぜることで、[辛さ]と[酸味]と[塩気]の旨味が見事な一体感を醸し出す、そうだ。
s-DSC01794.jpg

ちなみに、味付玉子は生卵に、たまねぎは青ねぎに変えられるそうだ。といっても味付玉子を生卵にしたら、損しているような気もするが。
s-DSC01793.jpg

麺の固さや味の濃さなども指定できるようだ。また、おろしニンニクは、いうと出てくるようだ。
s-DSC01791.jpg

キッチンタイマーが鳴ったと思ったら、約5分で運ばれてきた。最後の〆のスープです、といってお椀に入ったスープも置いていった。
s-DSC01795.jpg

まぜるぞ!
s-DSC01810.jpg

玉子とチャーシューを崩さないように気を使いながら、混ぜ続けた。このくらいで、どうだろう。
s-DSC01796.jpg

もちのような弾力の太麺が、甘辛の醤油ダレに絡んで、なかなかうまい。油もさほど気にならないレベル。それに、意外と熱くて、ラーメン的な啜り感もある。
s-DSC01798_20140721091704f0a.jpg

絡まってしまったが穂先メンマ。柔らかくて、歯ごたえがいい。
s-DSC01801_20140721091706b15.jpg

チャーシューは底の油が絡んでいるが、見た目よりうまかった。
s-DSC01803.jpg

柔らかくて、厚みもそこそこにある。このタレにからめるとうまいね。
s-DSC01804.jpg

食べ方指南にあるように、最初はまぜたまま食ってみた。そして、其の4にあるように、味の変化にも挑戦してみることにした。
s-DSC01790.jpg

まずは酢。
s-DSC01805.jpg

おすすめは酢をドンブリ1周だが、酢はあまり得意ではないので、3分の1周くらいにしておいた。酢のにおいが広がって、入れたことをちょっぴり後悔した。酢を入れてもあまり画像に変化はない。
s-DSC01806.jpg

ラー油。
s-DSC01807.jpg

さらに、辛いのもあまり得意としないため、これも1周はやめておく。麺に直接かけた。
s-DSC01808.jpg

酸味はさほど感じないが、辛味がピリッとして、なかなかうまい。これは、これでいい。温存していた玉子。ブサイクだけど味はやや濃いめでいい具合だ。
s-DSC01802.jpg

中盛だけど、気がつけば、箸が止まることもなく、スムーズに完食。最後は、〆のスープを入れてみた。
s-DSC01811.jpg

龍が姿を現したドンブリ。残っているのは、ほとんど、玉ねぎばかり。オニオンスープ。
s-DSC01812.jpg

鰹節の出汁が効いたスープは、あっさりとうまい。
s-DSC01813.jpg

スープもすべて飲み干して、完食。
s-DSC01815.jpg

俺が食っている間に、ひとり客、2名が来店。そもそも日曜日のランチタイムだけど、大通りから奥まったこの辺りはあまり人通りが少ない。残念ながら、となりのハングリーピッグは本日、お休み。邪推だけど、なんとなく、景気が悪そうな様子。
s-DSC01785.jpg

たまに、食いたくなる油そば。伊勢佐木モールに同じジャンルの油そば専門店のぶらぶらも開店しているので、これからもがんばってほしい。
s-DSC01817.jpg
油そば、なかなかよかった。この店の(期待)度は、★★★。

【住所】  横浜市中区若葉町2-15
【電話】  045-263-2058
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 火曜日

【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅から徒歩10分足らず。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前のスクランブル交差点を横断して進む。長者町7丁目交差点を右折し、直進した右側。
【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター10席

【メニュー】大盛 成(なる)油そば670円 中盛 成(なる)油そば670円 
      並盛 成(なる)油そば670円 特盛 成(なる)油そば880円
      大盛 塩 油そば670円 中盛 塩 油そば670円 
      並盛 塩 油そば670円 特盛 塩 油そば880円 
      大盛 醤油 油そば650円 中盛 醤油 油そば650円
      並盛 醤油 油そば650円 特盛 醤油 油そば880円
      大盛 辛(から) 油そば750円 中盛 辛(から) 油そば750円
      並盛 辛(から) 油そば750円 特盛 辛(から) 油そば950円
      大盛 こってり 油そば750円 中盛 こってり 油そば750円
      並盛 こってり 油そば750円 特盛 こってり 油そば950円
      どろ つけ麺780円 どろ 辛つけ麺850円
      担々 油そば750円 冷やし つけ麺780円

      Aセット【ご飯・餃子(3個)】250円 Bセット【ネギチャー丼・餃子(3個)】450円
      ネギチャーシュー丼380円 ごはん150円 半ライス100円
      替玉(追加麺)【並麺+たれ】200円
      焼き ぎょうざ(3個)190円 焼き ぎょうざ(6個)310円
      水 ぎょうざ(3個)190円 水 ぎょうざ(6個)310円

      チャーシュー増し250円 味付玉子100円 メンマ増し120円
      のり(6枚)110円 茹でキャベツ130円
      のせ放題!ねぎ増し【玉ねぎor青ねぎ】150円
      のせ放題!辛さ増し130円
      こってり増し80円 生たまご50円 刻みのり60円
 
      おつまみチャーシュー350円 おつまみメンマ250円
【店舗web】http://www.aburasoba-naru.jp/index.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター