2014-07-10

北久里浜 吉田製麺店横須賀店

平成26年7月10日(木) 12:35訪問。
濃厚つけそば880円+味玉100円を食す。

ドイツのワールドカップ優勝が近づいてきた。今日は、久里浜で仕事。その前にちょっと寄ってみた。2回目の訪問。以前訪れたときに気になっていた、濃厚つけそばをためしてみようと思う。昼時でそれなりに混んでいる。カウンターしかない客席は先客10名。にぎわっている。いわゆる、またおま系でも、横須賀では、まだまだめずらしい、ということだろう。といっても、知り合いの客が多いようで、厨房内の店員と客の親しげな会話が飛び交っていた。

予定どおり、濃厚つけそばの中盛を口頭で発注。混んでいるので、それなりに時間がかかって、運ばれてきた。
s-DSC01681.jpg

ストレート極太麺。
s-DSC01679.jpg

つけダレ。これは濃厚そうだ。ネギが沈まずに浮いている。
s-DSC01680.jpg

あらためて、麺をみてみよう。四角い断面の自家製麺は、つるつるした表面に、水で締められた、ぷりっとした固めの歯触り。麺だけくってみると、さほど小麦の風味は強くはないが、味わいはいい。
s-DSC01683.jpg

続いて、つけダレにつけてみるが、麺の重さだけでは沈んでいかないくらい、どろどろスープ。
s-DSC01683.jpg

持ち上げてみると、麺にスープがひっつくように絡む。この濃厚具合は相当なもの。とんこつよりも節系の魚介がとがっている。
s-DSC01684.jpg

大き目なごろっとチャーシュー。柔らかくて、歯ごたえもいい。
s-DSC01685.jpg

メンマも入っている。
s-DSC01686.jpg

味玉はちょっと固め。味付けはやや薄味。悪くない。
s-DSC01687.jpg

麺をすべて食い終えて、スープ割りと思ったが、麺がスープを絡め取ってスープがほとんど残っていない。
s-DSC01688.jpg

スープ割りは諦めた。ちなみにレンゲもついてこない。水は、セルフサービス。
s-DSC01689.jpg

隣のラーメンを食っている女客が、食いながら、連れの客に話かけていた。やれ、スープが、とか麺がどうのこうのとか、やたらと食いながら、お世辞みたいなことをいうので、うっとおしかった。どうやら、店員と知り合いのようだ。ちらっと見たら、海苔に魚粉がのっていた。横須賀では、珍しい部類のラーメン。しかし、冷静に考えたら、麺がどうしたとか、スープがどうだとか、俺も同じようなことを書いているではないか。

今日は台風一過で、相当蒸し暑いのだが、入口は全開。したがって、クーラーは効いていない。いったい、どのくらい、暑くなったら、クーラーをつけるのだろうか。地元客が多いような印象が、かえって居心地を悪くしているように思う。
s-DSC01690.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。

【住所】  横須賀市根岸町3-1-6
【電話】  
【営業時間】11:00~14:30 17:00~23:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩10分弱。駅前の大きな道(国道134号線)を渡り、右方向に進む。根岸町交差点を左折して、少し進んだ右側のマンションの1階。      
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター13席
【メニュー】つけそば700円 濃厚つけそば880円
      ラーメン780円 鶏白湯780円
      小盛~中盛 同一料金
      大盛100円増し
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン770円
      豚めし300円 ごはん150円
      ◇トッピング
      味玉100円 メンマ100円 野菜100円
      焼きノリ100円
      焼豚8枚180円 焼豚6枚350円
      特製(味玉・焼豚3枚)250円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター