2010-02-17

金沢八景 壱銀家

ラーメン(並)620円
CIMG1907.jpg
京浜急行線の金沢八景駅と追浜駅の中間くらいの位置に昨年オープンした店。以前はラーメンショップだったように思うが、大分佇まいは変わったようだ。目立つ赤いテント地の文字につられて入ってみた。実は、ラーメンを食べたのは、昨年の12月の麺や維新以来である。さる病気で入院していたのだが、ようやくラーメンが食べられるほどに回復した。
訪れたのは13時を回った頃だったが、11席あるカウンターは5名の先客がいた。家系らしい白の上下ユニフォームに黄色いタオルの鉢巻きの男性店員が4名の体制。入口にある食券自販機はびっくりするほどメニューがあって、すべてのボタンにメニューが書かれ埋まっている。一番最初のボタンは壱銀ラーメン並だ。ちなみに800円。どんなものかわからないが、値段が畏れ多いので、ラーメン並に。ホール係の店員がカウンターに水を置いて、親切に誘導してくれ、好みをきいてくれる。(病み上がりなので、)あぶら少なめ、麺柔らかめでお願いした。お手柔らかにというところだ。カウンターと厨房の間には結構高い、ステンレス製の銀の壁があり、作業の様子は見えないので、面白みはないが、それほど待たずにラーメンが運ばれてきた。白っぽいスープは、見た目どおりクリーミーな感じで、醤油っぽい辛さより甘みが幾分目立っていた。ほろほろと柔らかそうなチャーシューは見た目どおり柔らかな食感。麺は柔らかめなので、標準よりよく茹でてあると思われるが、思いの外しっかりしていた。その他、家系定番のほうれん草とのり3枚、これもわるくない。それから、うずらの玉子が入っている。家に帰って、先人の情報をみていたら、どうも壱六家系のようだ。そう知ると納得のいく味であった。入る前に病み上がりの私には家系はきびしいかと少し懸念したが、臭みもなく強烈すぎないマイルドな一杯はちょうどよいものであった。
ちなみに店名を冠した壱銀ラーメンはチャーシュー3枚、のり5枚、味付玉子がついたもののようである。要はトッピングだけをあらかじめ追加したもののようだ。メニューみたら、のり5枚が50円、味付玉子が100円でこれだけで770円で、何枚入っているかわからないが、チャーシュー追加は200円だから、まあお得にできているのだと思う。他の店でもこんな感じのメニューを見たような気がする。
食べているうちに4名ほど客がバラバラと入ってきた。まずまずの賑わいぶりだった。
CIMG1909.jpg

スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター