--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-01

北久里浜 麺屋こうじ

平成26年2月1日(土) 12:47訪問。
豚骨和風ラーメン830円を食す。

先月の期間限定ラーメンは、ついに機会がなく食えなかった。残念。今月はこのラーメン。
s-DSC00391.jpg

最近は、ずっと週休1日の方が多かったので、土曜日に訪れるのは久方ぶり。いつも日曜日に訪れていたので、満席覚悟で行ったが、土曜日だからか、半分くらいの入り。今日から始まった限定は、けっこう出ているようだ。いつものおばちゃん店員の、いつもより弱い口調の、中盛になさいますか、の誘いで、中盛にした。どんなラーメンか期待が高まる。5分くらいで出てきた。
s-DSC00394.jpg

まずはスープ。豚骨臭はまったくない。和風を謳うだけあって、単なる豚骨ではなく、鰹節中心の魚介の風味を効かせた広がりのあるふくよかなスープ。いわゆるWスープ。豚骨もやさしくて、かといって薄いわけではなく、雑味のない上品な味わい。
s-DSC00395.jpg

真上から見た。いつもながらの具だくさん。青ネギと糸唐辛子のコントラストが映える。色合いも華やかだ。
s-DSC00394.jpg

では、トッピングの紹介。青ネギにきくらげ。それに、ふちに盛られた辛味噌。溶かしていくと風味が変わる。
s-DSC00396.jpg

牛スジ煮。だそうだ。濃い味付けで、意外といっては失礼ながら、風味を壊さずに違和感なくうまく感じるさせるところが絶妙だ。
s-DSC00402.jpg

こんにゃくとかたけのことか。いろいろ。
s-DSC00403.jpg

チャーシューはいつものが、2枚。
s-DSC00398.jpg

今回も、上質な肉肉しさ。
s-DSC00405.jpg

きれいな青色が映えるのは、菜の花。
s-DSC00404.jpg

溶かしていくとうまい。フライドオニオン。いわゆる、揚げネギ。大量で、香ばしくていい感じ。
s-DSC00397.jpg

麺は、専用中太ストレート麺。コシがあって、このスープにとっても合う。
s-DSC00401.jpg

そして、これもいつもの味玉半分。
s-DSC00406.jpg

相変わらず、期待以上のラーメン。敬意を表してスープまで飲み干して完食。
s-DSC00408.jpg

ちなみに、来月は地鶏スープの手もみ風。これも期待したい。
s-DSC00392.jpg

今日もうまかった。ごちそうさまでした。それにしても、どのラーメンもはずさないのは、やはりセンスなのかな。意外性のある限定ラーメンもそうだが、トッピングの選び方とか、本当に楽しませてもらっている。
s-DSC00410.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。