2014-01-31

鳥浜 ラーメンこもん鳥浜店

平成26年1月31日(水) 13:12訪問。
濱塩らぁ麺680円を食す。

仕事の途中で寄った初訪問の店。駅からは近いんだけど、その駅が用がなければ寄らなそうな駅だ。周りは工場ばかり。その中で、ラーメンの幟が出ている。メニューはいろいろあるけど、初訪問だし、こんなにたくさんPRしているからには、まずは濱塩らぁめんでしょう。
s-DSC00389_20140202110100548.jpg

入口にも濱塩とランチ限定ミニ丼の案内がある。
s-DSC00388_2014020211010230a.jpg

こんな場所と思いきや、客は入っている。先客は10名。近所の勤め人が多いようだ。ランチタイムは半ライスではなく、むぎごはんがサービス。食券を購入し、相席テーブルに腰を下ろすと、男性店員が食券を回収にやってきた。きびきびといい動きだ。せっかくなので、そのむぎごはんをお願いした。

厨房の様子は、客席からも調理の様子が一部見える。深ざるで湯切り。手際がいいようで、どんどん注文品は出てくる。俺の塩は、厨房にいた男性店員が運んできた。色合いがきれいだ。
s-DSC00382.jpg

極めて透き通ったスープがとても上品だ。魚介系の出汁に焦がしネギの風味もきいていて、ふんわりとした塩味。塩ダレは控え目で、全体に優しい印象だ。
s-DSC00383.jpg

麺は、意外なほど黄色い、縮れていて細めのもの。スープに合っている。これも品位があっていい。
s-DSC00384.jpg

具材は、水菜に角太いメンマ、柔らかいチャーシュー、海苔、味玉。いずれこのラーメンの大切な構成員としてもよく合っている。麺も具材も食い終わって、あとはむぎごはんとスープを残すのみ。このごはん、どう食ったらいいか、よくわからないので、ドンブリに入れてみた。
s-DSC00385.jpg

めしを受け入れるほど、このスープは濃厚でないので、湯漬けみたいな感じで、さらさらと完食。
s-DSC00386.jpg

場所に関わらず、人気店のようで次々と客が入ってくる。常連も多いようだ。あっさりと品のいい一杯。
s-DSC00387.jpg
ほかのメニューも気になるけど、いつこれるかな。この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横浜市金沢区幸浦1-2-3
【電話】  045-774-2210
【営業時間】11:00~22:00 
【定休日】 無休  
【アクセス】電車で:シーサイドライン鳥浜駅から 徒歩5分くらい。駅を背にベイサイドマリーナ方面に進み、1つ目の交差点を右折し、少し進んだ左側。
【駐車場】 2台
【席数】  テーブル6席×4

【メニュー】濱塩らぁ麺680円 昭和仕立醤油680円 濱塩白湯700円
      味噌白・赤750円 
      濱塩たまご780円 昭和仕立醤油たまご780円
      濱塩白湯たまご800円 味噌たまご850円
      濱塩ネギ830円 昭和仕立醤油ネギ830円
      濱塩白湯ネギ850円 味噌ネギ900円
      濱塩肉のせ930円 昭和仕立醤油肉のせ930円
      濱塩白湯肉のせ950円 味噌肉のせ1,000円

      中盛100円 大盛200円
      
      焼き餃子5個290円 水餃子5個290円
      味付たまご100円 肉一枚100円
      焼きのり・岩のり100円 焼きコーン100円
      メンマ100円 白髪ネギ150円
      野菜増し100円 辛味80円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつも楽しく拝見させて頂いてます

塩ラーメン美味しそうですね~

自分は最近、花月嵐にハマってます
JR洋光台駅前に最近オープンしたのでチョクチョク行ってます

ピロシキ様

いつも拙サイトご覧いただきありがとうございます。

曇りのない塩ラーメンってかんじですね。
もう一つ特徴があってもいいかも。
また、おいしい塩ラーメンを探してみます。
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター