2013-09-12

熱海 雨風本舗

平成25年9月12日(木) 17:11訪問。
醤油ラーメン600円を食す。


雨風本舗と書いて、あまからほんぽ。
DSC04340.jpg


熱海駅で降りて、駅前にある仲見世名店街という土産物通りを降りてゆくと、すぐの店だ。カウンターだけの狭い店だが、意外に人気店のようで、17時という中途半端な時間にもかかわらず、先客は2名いた。
DSC04344.jpg



厨房もカウンター席もやや狭い。定番そうな醤油ラーメンを口頭で発注。店構えから勝手に想像していたのとは、かなり違う若い男性店員がさっそく調理開始。俺のちょうど真上にテレビが置かれているが、この位置からは見えない。ひょっとしたら客席全体から見にくいのでは。おそらくこれは、客ではなく、店員が見るためのテレビだろう。狭いので、目の前にコップはセットされ、自分で冷水を汲むシステム。この日は、また真夏がぶり返して、夕方になって、いくぶん風は柔らかくなっていたが、まだ、暑い。意外に水が冷たくて、うまかった。
DSC04338.jpg



深ざるで、ていねいに湯切りして、ドンブリがカウンターにのせられた。
DSC04328.jpg



スープに背脂が浮くタイプ。醤油の色がスープに反映されている。
DSC04335.jpg



そのスープは、鶏ガラを中心としたあっさり味に醤油ダレと背脂でコクをだしてある。醤油の味にバランスが振られているが、ショウガの味も感じられ、なかなか後をひく。このスープなら、気負わずに食えそうだ。
DSC04329.jpg



麺は、中くらいの細さの平打ち麺で、かなり縮れている。手打ち風に太さの違う麺が混じっていたりもする。スープによくあう麺だ。
DSC04332.jpg



具材は、色ほど濃い味付けではないメンマ。
DSC04334.jpg



脂身が多かったけど、柔らかなチャーシュー。
DSC04336.jpg



そして、半分のっている玉子は、スープに完全に浸かってしまった。
DSC04337.jpg



さっと食って、さっさと去るのが、よさそうな店だったので、スープは少し残した。本当は、暑かったので、スープを全飲すると、汗が噴き出しそうで、やめておいた。


熱海の商店街にすっぽりとはまっている、こういう店のラーメンがどこか懐かしくて、意外といけたりする。競合店がないせいもあるだろうけど、観光客向けでないような、そうでもないようなところもいい。
DSC04341.jpg
熱海に降り立ったら、また寄りたい。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。


【住所】  静岡県熱海市田原本町5-14
【電話】  045-311-8119
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】 水曜日

【アクセス】電車で:JR東海道本線熱海駅から 徒歩3分くらい。駅を出たら右方向に進み、仲見世名店街という路地を下った先の左側。
【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター7席

【メニュー】○人気の醤油
       醤油ラーメン600円 ネギラーメン800円 
       チャーシューメン900円 ネギチャーシューメン1,000円
      ○やっぱり味噌
       みそラーメン700円 ネギみそラーメン900円
       みそチャーシューメン1,000円
       ネギみそチャーシューメン1,100円
       四川風みそラーメン750円
      ○あっさりと塩
       塩ラーメン600円 ネギ塩ラーメン800円
       塩チャーシューメン900円 ネギ塩チャーシューメン1,000円
      冷やし中華(夏季限定)800円
      ライス150円 半ライス100円
      大盛り100円増
      餃子450円 水餃子600円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター