2013-08-24

北久里浜 麺屋こうじ

鶏節スープの冷し醤油麺850円
DSC04234.jpg



9月2日までの限定麺。これで、限定冷しも終了のようだ。9月になったら、涼しくなるとなるといいのだが。
今日は12時35分の訪問で、ほぼ満席。ちょうどカウンターの隅が1席だけ空いていて、ラッキー。最近、いつものおばちゃんも入れて、店員4名体制。


今日は、朝からずっと曇り空で、気温は30度前後と思われるが、日差しがなくても、湿度が高く、十分に不快。昨日ほどではないが、少し動くと汗が噴き出る。いつものように次々と異なるラーメンを要領よく作って、8分で到着。今回も予想どおりの具だくさん。真横から見ると、具が山のよう。
DSC04236.jpg



端に練りわさびも塗られている。
DSC04235.jpg



麺は自家製のストレート麺。氷にさらしてあるので、大変冷えている。全粒粉の細麺は粒々が麺に見える。しかし、あまりに多くの具材が麺を覆っているので、まずは具材から食っていこう。
DSC04238.jpg



その前にスープ。単に冷やし中華みたいなタレではない。しっかりと出汁を感じる。それもかなり強めに魚介系も感じられる重厚なスープ。適度な油が表面にあって、コクもある。しかし、さすがにこのスープだけ、グイグイいく感じではない。やや、尖ったしょっぱさも涼味を誘う。
DSC04237.jpg



そして、怒濤の具三昧。味を締めるいいアクセントになっている三つ葉。そして、発想が面白い。あっさり感を演出する大根の浅漬け。
DSC04242.jpg


鶏ムネ肉のチャーシュー。あっさりしてうまい。
DSC04243.jpg


少しワサビをのせてみた。あわなくもない。
DSC04245_2013082416372328d.jpg


いつもの大きなチャーシューも2枚。肉がたっぷり。
DSC04254.jpg



さらに、ひんやり硬めの鶏つくね。味付けがよく、このラーメンによくあう。これも2個。
DSC04249.jpg



また、ワサビをのせてみた。のせなくてもよかった。
DSC04250.jpg


小松菜は茎をきれいにそろえてある。
DSC04248.jpg


ぱりぱりの海苔もよかった。冷やしには、やはりこのぱりっとした食感がいい。
DSC04251.jpg


いつもとは違い、長い穂先メンマが1つ。
DSC04253.jpg



そして、最後にいつもの半熟玉子。
DSC04247.jpg



ワサビも含めて、全部で10種類のトッピング。これだけでも食い応え十分。スープは少し残して終了。ごちそうさまでした。
DSC04255.jpg



来月から水がセルフサービスとなる。ただのセルフサービスではなく、水が変わるらしい。
DSC04233.jpg



そして、9月の限定メニューは、塩本鰹ラーメン。これも楽しみ。
DSC04232.jpg



今日も繁盛。
DSC04256.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター