--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-17

横浜 麺場浜虎

初夏の冷やしあさり醤そば850円
1374047005516.jpg


この前、寄ったときは、時間がなくて入らなかったのだけど、今日は時間をはずしてやってきた。16時半すぎ。さすがに客は少なくて、先客4名。今日はいくらか暑さもやわらいでいるが、せっかくなので、ここは限定メニューの冷やしに。しかし、限定メニューが2種類に増えていた。今回食ったのとは別メニューが「真夏のチリポタ冷しそば」。これは、次回以降の楽しみにしたいと思う。



冷やしたドンブリによく冷えた麺と具材。大盛りも無料だが、普通盛りで。縁に盛られたクリームチーズは溶かしてお召し上がり下さい、とのアドバイス。味の変化が楽しい。たくさんの味が混じるが、だんだん違和感がなくなってくる。
1374047176317.jpg



チャッチャと盛り付けていたのが、出てきたらきれいに仕上がっている。揚げネギがポイント。
1374047016112.jpg


ひととおり観察して、食い始めたら、チャーシューのせるのを忘れちゃったそうで、しばらくして別皿で登場。
1374047046151.jpg



グレープフルーツにラデッィシュ。まず普通のラーメンにない意外な具材。これも楽しい。でも、食うタイミングがむずかしい。
1374047234037.jpg



スープは、やや塩味が濃いが、これはこの冷やしにあわせた味付けのようだ。ニンニクの味も背景にあるが、冷やしなのに、単調でないコクがとてもよい。ラーメンの名前どおり、あさりも入っている。
1374047425637.jpg



きれいに日焼けした味玉は、中までいい具合にとろけていた。
1374047511602.jpg



冷たくても、うまいスープは完食。
1374047562259.jpg


そういえば、この不整形の器もよく冷えていた。
1374047570748.jpg



いろいろと考えられている一杯。今日は、最近では涼しい日だったのが、もっと暑い日にもいけそうだ。残念だったのは、ラーメンではなく店員。バイトらしき若い女性店員が、調理をしている男性店員にやたらとちょっかいを出していて、若いので気持ちは分からないのではないが、仕事中にずっと客に尻を向けて、話しかけてる姿は、カウンターに座っている俺には、好ましく映らなかった。厨房が丸見えなのだから、作業している姿を客に見せることも当然、計算に入っているであろう。ユニフォームはラフでも、仕事はクールにビシッときめてもらいたい。客の少ない時間をどう使うかが、大切だと思う。
DSC_0049.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。



【住所】   横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1 鶴屋町第二ビル1F
【電話】   045-311-3336
【営業時間】 11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:JR・東急東横線・みなとみらい線・京浜急行線横浜駅きた西口徒歩5分。きた西口を出たら、まっすぐ進み、右折して短い橋を渡ったらすぐに右折し、路地に入る。四叉路の太い道へやや左折気味に進んだ左側。手前左側にソープランドがある。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター20席 テーブル4席×2
【メニュー】醤そば680円 黒豆納豆そば780円 活力醤そば780円
      塩鶏そば830円 コク塩鶏そば830円 塩ねぎ鶏そば930円 
      つけそば700円
      ◇トッピング
       半熟味付け玉子100円 柔蒸豚叉焼150円
      白めし(小丼)100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。