2013-05-02

日ノ出町 牛國屋

白麺750円+半熟たまご100円
DSC03388.jpg


日ノ出町駅から平戸桜木道路を黄金町方面に向かう道路沿いに4月に開店した店。明日から連休ということもあり、たまには夜ラーメン。19時過ぎの到着で婦人の先客1名。入口を入ると、すぐに食券自販機がある。それにしても目立たない店構えだ。夜だから、店内のあかりが見えるものの、これが昼間だったら、まったく何の店か通りすがりにはわからないかもしれない。これも何かの戦術か。それにしても地味。

食券自販機は、紅麺が最初のボタンだったけど、辛いのがあまり得意でない俺は、白にした。いつものように玉子をプラス。カウンターとテーブルがU字型になった客席。厨房が奥にあり、U字の間を男性店員が、食券を確認にやってきた。物腰が柔らかく、対応はとてもていねい。最初からカウンター席に丸い黒いお盆がセットされている。厨房の奥で、タイマー音が鳴って、しばらくしてでてきた。


器は傾斜していて、奥が深い。俺のドンブリが赤色でメニューが白ということは、先客が食っているのは白いドンブリなので、紅麺ということのようだ。スープにはゴマが浮き、白髪ネギと揚げレンコンが上品な感じで置かれている。そして、牛肉が控えめに入っている。


スープは、最初だけ少し塩分が強めに感じたが、慣れてくるといい具合だ。牛肉からとったというスープは、鶏ガラなどよりあっさりめな印象もありながら、コクもしっかりある。嫌味のない独特な旨味がするすると入って気安い感じだ。ゴマの風味もいい。
DSC03389.jpg



麺は透明感のある、うどんのようなつるつるとした食感で、このスープにはあっている。
DSC03391.jpg



揚げレンコンは追加もできるが、主役ではなくはアクセント程度なので、2つあれば十分、
DSC03392.jpg


ネギの食感とスープがとても相性がいい。牛肉も入っている。味付けはスープの味をそこなわない程度にちょうどよい。
DSC03394.jpg


玉子は秀逸で、玉子本来のうまさがとてもよく出ている。下手な味付玉子よりよい。
DSC03395.jpg


ちょっと、ドンブリが深くて飲みにくかったけど、ほぼ完食。ドンブリは重みがあり、手に持って飲み干すには抵抗がある。
DSC03396.jpg


ちなみにこのドンブリは、手前にかしいでいる。
DSC03397.jpg


そして、箸はカウンターに据え置き。
DSC03387.jpg



店内は清潔感があり、落ち着いた雰囲気だった。
たまには、こういうラーメンもいいかな。ごちそうさまでした。
DSC03399.jpg
悪くないんだよね。だけど、すごく惹きつけられたわけでもない、この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。



【住所】  横浜市中区日ノ出町2-118-3
【電話】  045-251-0717
【営業時間】24時間
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅から徒歩5分。右側の改札を出て、駅前の平戸桜木道路を右方向に進む。たつやのさらに先。タックルベリーの手前。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席 テーブル4席×1
【メニュー】紅麺750円 白麺750円
      紅麺+牛テール900円 白麺+牛テール900円
      麺増(大)200円 麺増(中)100円
      白飯100円 紅鶏(辛味)300円 白鶏(ゴマ味)300円
      豆もやし150円 カクテキ150円
      牛しゃぶ200円 半熟たまご100円
      白ねぎ50円 れんこんチップ50円
      バター50円 
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター