--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-04

横浜 本丸亭横浜店

鶏三昧塩らー麺1,000円
DSC03269_20130404231954.jpg


前回訪問に味を占めて、再訪問。「味を占める」の反意語は、「これに懲りて」だろうか。12時50分くらいの現着。カウンターのみの席は、2席空いていた。今日は、前回と違うメニューで。鶏三昧だ。ジャスト千円。当たり前だが、千円札でお釣りは出ない。

今日は、昨日に比べやや気温高めだが、それでも店内に入ると、熱気を感じる。運悪く、寸胴の前の席だったので、客が出入りするたびに外の空気が入ると、心地よい。前回同様、和気藹々とした業務上の会話を交えながら、店員が立ち働いていた。

あまり待たずに、俺のラーメンも調理開始。偶然、次の客も同じメニューだった。まずは、ドンブリを麺茹での釜の湯で温めていた。スープは笊で漉しながら、注ぐ。平ザルで、手早く湯切り。前回同様、そのたびごとに餡を巻くワンタンも加わる。出てきたままのレンゲがドンブリに乗った状態で写真を撮ったので、ちょっと隠れてしまった。



スープは、きれいに透き通っている。鶏ガラがベースの鶏清湯。最近、鶏白湯が多かったので、これは新鮮。相変わらず、上品な味わい。
DSC03270_20130404231955.jpg



鶏肉の肉団子のほか、スープの表面には、そぼろ状に鶏肉が浮いている。肉団子は鶏のうま味がバランスよく出ている。
DSC03272.jpg



鶏チャーシューは3枚入り。上品で柔らかい。
DSC03273.jpg



画像だと分かりづらいが、麺は不揃いが、かえって魅力の手打ちの様相。所謂、ぴろぴろな食感もいい。
DSC03275.jpg



そして、都度、皮に包んで茹でるらしい、ワンタンも1ケのっていた。ちゅるるっとした食感がグッド。
DSC03276.jpg



ちょっと苦みのある春菊や、白髪ネギとの相性もすばらしい。ちょうど、一番暑いと思われる席だったので、汗ダラで、スープまで完食は断念。写真はとったが、保存に失敗したみたい。デジカメの反応がだんだん鈍くなっている。


店の外では、看板の工事のようだ。ラーメン屋には、いろいろな意味での店の魅力があるが、商品としての質の良さはバツグン。優しくて、うまい。
DSC03277.jpg
ということで、まだ未食メニューも気になる、この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横浜市神奈川区鶴屋町1-7-2
【電話】  
【営業時間】11:00~15:00 17:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:JR・京浜急行横浜駅きた西口から 徒歩5分くらい。鶴屋橋を渡り、郵便局を左手にみながら直進。鶴屋町2丁目交差点を右折した右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席

【メニュー】本丸塩らー麺800円 赤丸塩らー麺900円
      鶏三昧塩らー麺1,000円 梅鶏塩らー麺1,000円
      海老ワンタン入り塩らー麺1,100円
      チャーシュー入り塩らー麺1,200円
      ◇トッピング
      塩煮たまご100円 バター100円 コーン100円 春菊100円
      紀州南高梅100円 のり100円
      白髪ねぎ200円 肉ワンタン200円 バターコーン200円
      鶏チャーシュー200円
      海老ワンタン300円 辛味ねぎ300円 鶏つくね300円ほ
      ◇天心
      本丸焼き餃子450円 ネギたっぷり焼き餃子バター600円
      水餃子500円 肉ワンタン皿400円 海老ワンタン皿600円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。