--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-06

新大津 坦坦麺餃子工房北京横須賀大津店

大津らーめん680円
DSC02294.jpg


店の装いが新しくなってから、初めての訪問。赤白の外観から緑と黄色のツートンカラーに。看板もつけ変わっていた。店内もカウンターのみから、テーブル席のみに改装。13時30分過ぎの訪問でひとり客はゼロ。家族客が中心のようで、改装効果が出ているようだった。しかも、客は結構入っている。



テーブルにあるメニューのほかに、黒板にもいろいろなメニューがあるが、おすすめの店名を冠した大津らーめんにしてみた。以前とはメニューのラインアップもだいぶ違う。大津らーめんは大津店のオリジナルのようだ。
DSC02289.jpg


厨房内は仕切られていて見えないが、おそらく男性店員が一人で孤軍奮闘中のようす。ホール係の女性店員も一見、元気はよいが、ややお疲れのようす。それにしても一品一品が出てくるのに、他の店よりも異常に時間がかかっている。よほど、調理過程が複雑なのだろうか。異なる種類のメニューが入りすぎなのだろか。ようやく出てきたのが、約50分後。とはいえ、どの客も忍耐強く待っている。


ようやく運ばれてきた。もやしが足りなくなってしまったということで、お詫びにチャーシューを1枚増やしてくれた。これは、意外にうれしい。
DSC02295.jpg


スープは透明感があり、ニンニクが効いていて、コクがありなかなか味わい深い。
DSC02297.jpg


麺は黄色いほぼストレートな細麺。もやしと絡んで、やや食いにくい。
DSC02299.jpg


具材は、大きなチャーシューのほかもやし、メンマ、カイワレ。
DSC02300.jpg


ドンブリはかなり大きく、見た目よりボリュームがあり、スープは少し残した。
DSC02301.jpg


店舗横に駐車場も出来て、ますます魅力的になった。店の表と裏の印象が大きく異なるのは相変わらず。
DSC02305.jpg
入店から注文品が出てくるまで、時間がかかるのが欠点。時間に余裕があるときに訪れたいこの店の、また来たい(期待)度は、★★。


【住所】  横須賀市大津町5-3-23
【電話】  046-823-9989
【営業時間】11:00~22:00(15:30~17:00は休憩)
【定休日】 月曜日(祝祭日の場合は営業)
【アクセス】電車で:京急久里浜線新大津駅10分くらい。久里浜方面に向かって右側に出て、大きな通り(国道134号線)にぶつかったら、横断し左折し直進したところ。
       車で:国道134号線大津交差点を左折し、京急のガードをくぐって、少しすすんだ右手。根岸小学校のとなり。
【駐車場】 店横3台
【席数】  テーブル20席

【メニュー】◇麺 中盛100円増 大盛200円増
       大津らーめん680円 
       坦坦麺(ライス付)830円
       (抜辛・並辛・中辛・大辛・超大辛)
       おすすめ!ワンタン 〈小〉380円 〈中〉580円 〈大〉780円
       おすすめ!特製ワンタン麺850円
       大津焼そば880円 五目うま煮そば780円
       たんめん730円 あんかけもやしぞば780円
       坦仔みそらーめん850円 マーボー麺880円
       天津麺780円
       葱とチャーシューの混ぜそば730円
      ◇焼・水餃子
       一人前/7個600円 ハーフ/4個360円
      ◇毎日のランチ 
       デザート付 各880円 15時まで
       A.担々麺と水餃子
       B.マーボー丼と水餃子orワンタン(3ケ)
       C.炒飯と水餃子orワンタン(3ケ)
       D.中華丼と水餃子orワンタン(3ケ)   

【ホームページ】http://www.peking-tedukuri.com/p-ootu/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。