2012-12-24

浦賀 亜細亜楼

サンマーメン650円+餃子430円
DSC02222.jpg

昨日に引き続き、浦賀駅前に出没。昔ながらといった感のある中華料理店。12時半前で、満席に近かった。この時間帯でも禁煙でないのも昔からかと思われる。そして、メニューも昔ながら。外は寒いので、何となくサンマーメンを発注。
DSC02220.jpg

さらに、俺としてはめずらしいのだが、餃子もついでに発注。6個で430円だ。
DSC02221.jpg

赤を基調に所狭しとメニューが掲げられている店内は、お世辞にもきれいとは言い難いが、それなりに整頓はしてある。中高生割なんてのもあるようだ。女性の店員が、お茶を運んできてくれたが、どちらかといえば、俺は水の方がうれしい。

間もなく、サンマーメンが到着。醤油のスープに野菜のあんかけがのる。具材の量は平均的。もやしに白菜、ニラ、ニンジン、きくらげ、肉などをあんでからめてあり、濃いめのスープとの相性もよい。
DSC02225.jpg


スープ自体は、鶏や豚骨ベースと思われ、やや甘みもある。単調だが、具材と合わさることを前提とすれば、悪くない。
DSC02224.jpg


麺は黄色く、少し縮れのあるもの。伸びにくそうである。
DSC02226.jpg


食い進むうちに、餃子も登場。見た目より中身重視のようす。熱々だ。中身はニラがたっぷりで、結構強烈な味わい。もちっと、ニラ少ない方が好みかな。焼き焦げの苦みもけっこう感じた。まあ、この辺は個人の好みの問題だと思う。
DSC02227.jpg


それにしても、なぜか普通のサイズの倍以上あるレンゲは、何か理由でもあるのだろうか。こうして写すと餃子がすっぽり入ってしまう。決して餃子がミニサイズなのではない。
DSC02228.jpg

最後の方になって、片栗粉の固まりだけがあったのは、ご愛敬。ぷるるん。
DSC02229.jpg


具も麺も食って、腹一杯。寒い冬にはもってこいの一杯だった。
DSC02231.jpg


料金は後払い。勘定を済ませると、ホール係の女性も厨房内にいる調理担当の店員も、とってもていねいにお礼をいってくれた。
DSC02232_20121224143946.jpg
この店の、また来たい(期待)度は、★★。


【住所】  横須賀市東浦賀町1丁目2
【電話】  046-841-7688
【営業時間】11:00~      
【定休日】 毎水曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行浦賀駅すぐ。徒歩約1分。改札を抜け階段を下り、道なりに左に進んだ左側。
【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター8席 テーブル4人席×3
【メニュー】ラーメン500円 味噌ラーメン650円
      タンメン(野菜そば)650円 サンマーメン650円
      チャーシューメン730円 五目そば730円
      肉そば730円 天津めん730円
      ワンタン480円 ワンタンメン650円
      チャーシュワンタン730円
      チャーシュワンタンメン880円
      五目ワンタン730円 五目ワンタンメン880円
      餃子430円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

びっくり!

いつも楽しく拝見させていただいております。と、その中に見慣れた店名があってビックリです。

亜細亜楼はいつもAセット(ラーメン+半チャーハン)かとろみ麺にしてしまうのですが、サンマー麺もよさそうですね!

九州屋も含めて浦賀の食事どころは総じてレベルが高いので、本当に素晴らしい街です。ぜひ再訪をお待ちしております。

Re: びっくり!

いつも訪問ありがとうございます。
ラーメン専門店にこだわらず、横須賀のラーメンを提供する店全般にシフトしつつあります。
また、浦賀の街を訪れます。
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター