2012-10-28

追浜 丸新らぁめん

和風とんこつプレミアムバージョン750円
DSC01644.jpg

日曜の昼時は、どこのラーメン屋も混んでいる。ねらいの店とは違うが、久しぶりにやってきた。たいてい空いているように思いこんでいたが、先客は4名。運悪くほぼ同じタイミングで入ったらしく、俺のラーメンが出てくるのに、ずいぶんと時間がかかった。

店主らしき男性がていねいに調理している。スープは小分けした鍋に温めて一人前ずつつくっている。3人の若い男女客がすべて違うメニューを発注したのも時間がかかっている理由だ。うち男ひとりはつけめんの温盛りで大盛りなどという手間のかかかるものを注文するので、一度冷やしてから、再度温めるという工程だ。もう一人の男はメニューは分からないが、大盛り。さらに残りの女は野菜富士山盛り。っていい加減にしろ的なバラバラさ。これをすべて同じタイミングで出していた店主の調理技術に拍手だ。

俺の直前の客と一緒に調理をしていたので、同じタイミングで出てきた。深ざる使用だが、横にも振るちょっと独特な湯切り。横に振るのは、初めて見た。スープは、名前のとおり和風イコール魚介系出汁を強く感じるもの。とんこつの濃厚さより、魚介系のあっさりの方が強めに感じる。粘度は低めで、油は多めにスープ表面を覆っている。
DSC01645.jpg



麺は、太めか細めを選べる。これは店主の出身の平松屋と同じしくみ。無難に太麺を選択した。表面は、そこそこつるつる感があり、ほぼストレートの角断面のもの。しゃきっとした感じが、スープにはあっていると思う。
DSC01648.jpg


具材は、なぜかのニラに、メンマ、チャーシュー、味付け玉子半分。具材だけ見ると、別にプレミアム感はない。むしろ、ワカメかほうれん草でもいいような気がするが。チャーシューはのせる寸前にガスバーナーで炙っていた。
DSC01651.jpg



表面はわからないが、側面を見ると、炙った焦げ目がついている。
DSC01654.jpg


最初から半分のっている味付け玉子は、やや半熟。
DSC01650.jpg


スープを飲み進むと、ウニを発見。調理過程で、何やら冷凍素材を鍋に入れていたので、もしかしたらこのウニがそうかもしれない。ウニのうま味はそこそこ。
DSC01649.jpg


ほかにもアワビなども入っているらしいが、発見できなかった。スープは濃厚さはさほどではなく、魚介系がとがっているが、飲み進むうちにそれも慣れてきて、飲みやすく感じた。最後まで飲み進むと、魚粉らしき粉がドンブリの底に残った。
DSC01655.jpg


食っている間にも、ひとり客が断続的に3人入ってきた。先客より先に食い終えて、店を出た。
DSC01657.jpg


【住所】  横須賀市追浜町2-64
【電話】  
【営業時間】17:30~2:00(月~木) 17:30~3:00(金・土)
        11:30~14:30 17:30~0:00(日・祝)
【定休日】 第2・第3日曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行追浜駅より徒歩10分弱。改札を抜けて、16号方面に階段を下り、横断歩道を渡り、右折し、直進。アーケードの商店街の中。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席
【メニュー】和風とんこつプレミアムバージョン750円 こってりとんこつらぁめん650円
      和風とんこつ味噌らぁめん650円 こってりとんこつ味噌らぁめん650円
      和風とんこつ濃厚バージョン650円 和風とんこつあっさりバージョン650円
  和風とんこつ辛味噌らぁめん750円 こってりとんこつ辛味噌らぁめん750円
      野菜富士盛200円 半熟煮玉子100円 のり増し100円 メンマ増100円
      チャーシュー増し250円 野菜増し100円 ねぎ増200円
      つけ麺和風豚骨醤油700円  
      中盛(1.5玉)100円 大盛(2玉)200円 替玉150円
      小ごはん100円 ごはん200円    
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター