2012-10-21

藤沢本町 らーめん夢中

中華そば600円+味付けたまご
DSC01602.jpg

初訪問の店だが、国道1号線から店に着くまでに畑やビニールハウスがあり、無人の産地直売もあり、店はまだまだ先だろうなと思っていたら、カーナビに音声案内を終了しますと、一方的に宣言されてしまった。ラーメンと書かれた幟でもあればわかったのだが、それもないので、うっかり店の前を行きすぎてしまった。
今度はゆっくり走ると、微かに看板にそれらしき文字がかすれて残っている。たどり着けないかと思ったので、よかった。店の前の道路をはさんだ向かいにある駐車場は、3台分のうち、ちょうど1台分が空いていてラッキーだった。

14時少し前だが、店に入ったら、店内に座れないで待っている客が1名。しかたなく店内で客席が空くのを待つことに。店内はおそらく店主と思われる男性店員がひとりで黙々と調理中、手際は相当いい。プレッシャーをかけているつもりはないのだが、回転はよい。

ようやく席があいた。あらかじめ下調べして、中華そばにしてみた。とてもスピーディーな調理で、すぐに目の前のカウンターにラーメンがのせられた。

やや薄目の色合いの醤油スープは、醤油だれと白醤油だれをミックスしているという案内のとおり。煮干しの味が少しとがっているが、そのことが逆によい個性になっている。他に動物系の出汁も感じられ、重層感のあるスープだ。しかも魚介寄りに安定したバランスが好感だ。奇をてらわず、地味にうまい。

さらに麺が気に入った。少し硬めに茹でられたストレート麺は、ちょっと粉っぽい感じが気が強そうな印象で、一見、スープとミスマッチなようなところがとてもいい。麺とスープのそれぞれの個性がぶつかり合いながら調和している。
DSC01603.jpg

具材はナルトに、少し硬さがあり、歯ごたえのよいメンマ、さらに小さいけど、風味と味わいのよい海苔。そして、柔らかなチャーシュー。どれも悪くない。
DSC01604.jpg

玉子はやや硬めの半熟で、濃くない味付け。
DSC01605.jpg

さて、先客の親子3人連れのうち、分別がついてよさそうな年齢と思われる娘の携帯電話が鳴り、延々と話し続けているのには閉口した。一旦電話を切るか、店の外に出るかと思いきや、延々と会話してる。親は、その横で何も注意せずにラーメン食い続けていた。ラーメンはうまかったのに、客運がわるかった。とはいえ、うまかったので、完食。
DSC01606.jpg

店主がひとりで切り盛りなので、特に何も書いていないが、客は全員、食い終わった食器をカウンターに上げて帰っていた。なぜか、食券自販機は設置してないので、料金は後払い。これまた暗黙の了解なのか、食い終わった客は、店主の調理の手が空くのを待って声をかけていた。この辺りも店主の姿勢を客が感じ取っているようだ。店の外に出たら、14時をまわっているのにも関わらずまだ行列ができていた。この立地とこの地味すぎる店構えでの集客力にシャッポを脱いだ。
DSC01608.jpg

【住所】   藤沢市白旗3-13-28
【電話】   0466-81-5043
【営業時間】 11:30~14:30 17:00~20:30
【定休日】  月曜日 祝日の場合翌日 木曜日の夜
【アクセス】 車で:
【駐車場】  なし
【席数】   カウンター8席
【メニュー】 醤油らーめん600円
       中華そば600円 (醤油だれと白醤油だれをミックスしています)
       白醤油らーめん600円 (小麦が主原料で塩に近い醤油です)
       塩らーめん600円
       花まぐろの和風らーめん700円
       味噌らーめん700円
       辛いらーめん700円
       麺、中盛無料

       つけ麺700円 辛みつけ麺700円
       つけ麺は 普通・中盛・大盛からお選び下さい。
       塩・中華そば・白醤油・醤油 お好みの味をお選び下さい
   
       花まぐろのあえそば700円
       ◇トッピング
       味付け玉子・ねぎ・メンマ各100円
       バター50円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター