2012-10-18

天王寺 古潭 阿倍野店

クン玉ラーメンしょうゆ660円
DSC01594.jpg

せっかくの大阪出張なので、あらかじめ下調べして、新幹線で降りた新大阪駅近くの某店を訪問予定にしていたが、たどりついてみると、まさかの臨時休業。時間に余裕が無いので、こういうときは乗り換え駅をめざしながら、電車で移動しながら、次の店をさがすのがベスト。そこで、目的地への乗り換え駅近くの阿倍野地下街、通称あべちかの老舗店へ。訪れたのは、12時過ぎでまさにランチタイム。


店前に2人並んでいたが、店員にテーブルに相席でもいいかと問われて拒否したので、もちろんOKの俺が繰り上げで、先に案内された。案内されたのは、店の奥の狭い4人掛けテーブル席。相席になった老夫婦と思われる客は、並んで座って食っているのだが、見ていると、食うのが遅い。そのくせ、丼モノまで注文したようだ。まあ、大きなお世話だ。

オペレーションがよいので、回転がいい。満席にもかかわらず、さほど待たずにラーメンが到着。表面は、ごく小さな背脂が浮いた豚骨と鶏ガラベースだそうで、コクがあるのに、さっぱりとした味わい。今どきの刺激のある個性たっぷりのラーメンではないが、老若男女が楽しめるラーメン。客の年齢層は高めのようだ。

麺は、少し太めのストレートで黄色い卵つなぎと思われ、伸びにくい麺のようだ。具材のニンジンが妙に新鮮で、ニンジンの味は主張しないので、色合い重視かなとも思われる。
DSC01595_20121020202540.jpg


チャーシューは、ダシガラっぽく、硬くていまいちだ。チャーシューの改善で、格段に品がよくなりそうな力があるので、これは残念だった。クン玉は、外側は硬いが中身は少し半熟気味。薫製っぽさも、ほどほどで、あえて追加しなくてもOKかな。
DSC01596_20121021080630.jpg



醤油味だったが、もしかしたら味噌の方がメインなのかも。コラーゲンが豊富に含まれているスープを謳っている。が、動物のコラーゲンを摂取すると、人間のコラーゲンがそのまま増えるわけでもないと思われる。まあ、気分の問題かもしれない。苦手なスープではないが、途中で飽きが来てしまい、スープは残して退場。料金は後払い。
DSC01597_20121020214421.jpg


ハットトリックラーメンとかギョーザラーメンとかちょっと意表をつくメニューもあるが、店員さんはこまめに動き、まじめそう。最初に出される水の減り加減なども細かくチェックして、注ぎにくる。このあたりの気配りもあって回転ははやい。
DSC01598.jpg

【住所】   大阪府大阪市天王寺区堀越町 阿倍野地下街3号
【電話】   06-6772-9528
【営業時間】 11:00~21:30
【定休日】  第3火曜日
【アクセス】 JR・地下鉄天王寺アベノ地下街
【駐車場】  なし
【席数】   カウンター+テーブル32席
【メニュー】 古潭ラーメン (しょうゆ)580円 (みそ)600円 (大盛り)プラス150円
       ワンタンラーメン (しょうゆ)700円 (みそ)720円 (大盛り)プラス150円
       ギョーザラーメン (しょうゆ)670円 (みそ)690円 (大盛り)プラス150円
       チャーシューラーメン (しょうゆ)700円 (みそ)720円 (大盛り)プラス150円
       ハットトリックラーメン(しょうゆ)800円 (みそ)820円 (大盛り)プラス150円
       クン玉ラーメン (しょうゆ)660円 (みそ)680円 (大盛り)プラス150円
       特製チャーシューラーメン (しょうゆ)800円 (みそ)820円 (大盛り)プラス150円
◇トッピング
       クン玉80円 ワンタン120円 焼ギョーザ90円 キムチ70円

【ホームページ】http://www.ramen-kotan.co.jp/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター