--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-07

淵野辺 山猫亭

香る塩550円+煮たまご100円
DSC01568.jpg

今年の2月に開店した店。山猫軒ならぬ山猫亭。以前もラーメン店だった店で初訪問。13時30分くらいの訪問で、先客は2名。昼時間が終わったためか、空いている。食券制ではないようなので、カウンター席に座って、メニューを見ると、塩、醤油、味噌とあるが、メニューの一番上の塩にしてみた。メニューには、花咲カニの出汁を使用、鶏ベースのさっぱりスープと記載されている。

しばらくして、女性店員が注文を受けに来た。Aの香る塩を伝えた。すると、次に麺は細麺と中太麺のどちらにしますかと、意外なことをきかれ、咄嗟に細麺を選択した。残念ながら、カウンターの前に仕切りがあり、調理の様子は見えないようになっている。厨房内で、注文を伝える声が聞こえてきた。そのうち、バーナーの音が聞こえてきたので、チャーシューを炙っているのだろうと思う。550円でそこまでするのかな、とちょっと半信半疑。先客はいないので、早めに運ばれてきた。

やはり、炙ってあった。スープは意に反して、意外とコクのある強めに出汁がでていた。あっさりというより魚介のコクが強めに出て、とても力強さを感じる。とにかく魚介の濃厚な風味が鶏ベースと合わさり、嫌味のない味の統一感が出ているのがすばらしい。

少しだけ縮れた細麺を選んだが、中太麺でも負けないコクがあるようだ。しかし、細麺も悪くない。メンマや水菜もいい感じだが、とても細かく刻まれたネギがいい。この繊細な工夫がこの値段で食えるのはとてもうれしい。追加した玉子は、半熟ではなかったが、これも店の考えかとも思われる。味付けは悪くなかった。

接客、味、価格とも文句なし。特に価格設定と明確なメニュー展開がわかりやすくていい。最後はスープまで飲み干して、完食。山猫亭のロゴが見えるのをめざして飲み干した。
DSC01569.jpg

味だけでなく、接客面においても大変丁寧。店内の内装は清潔感があって、雰囲気がよい。いわゆる小上がりの板敷きがあるのだが、スツール状の椅子を並べた背の高いテーブルと、直座りのちゃぶ台が用意されているのもおもしろい。もちろん、店から客への注文がされることはない。
DSC01570.jpg

【住所】   相模原市中央区相生4-1-17
【電話】   042-707-7110
【営業時間】 11:00~15:00
       17:00~21:00
【定休日】  水曜日
【アクセス】 車で:国道16号線を八王子方面に向かい、鹿沼台交差点を左折して、少し進んだ左側。
【駐車場】  店前の2台+日中と日曜は隣の居酒屋さんの前の2台分も可能。
【席数】   カウンター6席 座敷脱靴テーブル4席×2 座敷4席×1
【メニュー】 A.香る塩550円
       B.白濁の塩600円
       C.甘にぼし醤油550円
       D.やまねこ味噌650円
        (細・中太)選べます
       とろろぶっかけ800円
        オリジナル平めん
       ◇トッピング
       煮たまご100円 北海道バター100円 のり100円 しらがねぎ150円
       麺大盛は100円増し

【ホームページ】http://yamanekotei.net/top
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。