2012-09-09

金沢八景 やたろう

並盛つけ麺700円
DSC01513.jpg

金沢八景の国道16号沿いに、8月下旬に開店した店。隣が同じくラーメン店のたすじろう、ちょっと先が横横家という立地。しかし、ここは以前も貴八というとんこつラーメンの店で、ほぼ居抜きのようだ。

藤沢の豪快の出身のようだが、つけ汁が「甘辛すっぱ」という断り書き以上に、実は人気店に連なる店だと云うことを主張する意図もあるのかもしれない。
DSC01512.jpg

入口を入ってすぐに食券自販機があり、基本はつけ麺とらーめんの2種類のメニュー構成。最初のメニューのつけ麺にした。トッピングがのりとメンマのみなので、付け足さなかった。日曜の12時30分の到着で、先客なし。ちらっと見たら、隣の、たすじろうは数名が入っている模様。

横一列のカウンターのみ。真ん中の一番涼しそうな席に座った。男性店員が2名で、一人が店主で、一人が修行中のように見えた。すぐに深ざるで、麺茹で開始。つけ麺は5分程度かかるらしい。キッチンタイマーは使っていないようだった。水で締めて、つけ汁と、麺が一度にカウンターにのせられた。

つけ汁、麺ともとてもシンプルな見た目だ。つけ汁は、甘みが少しだけとがったもので、全体的に上品な感じだ。出汁の奥行きを強く主張するよりも、あっさり目の表面的な味わいで攻めてくる、繊細な印象。麺は今どきのうどんのような太い麺ではなく、細めの縮れのあるもの。
DSC01515.jpg

麺はスープとの相性もよく、あっさりと食える、ざるラーメンのような感じだった。具材は、小さなのりとチャーシュー、半切りの玉子。いずれも残念ながら、平凡だった。やはり、メンマはこのつけ汁には、合わないという判断か、コスト削減か入っていなかったのが残念。

麺量もさほど多くなく、並盛りならあっさりと完食できて、やや物足りない感じが残る。そうなると、心配なのは、近隣との競合だ。価格もさることながら、ボリュームでは圧倒的に不利。らーめんもつけ麺同様、あっさりと上品なのだろうか、だとしたら、むしろらーめんの方に活路があるのかも。

つけ麺ができあがったときに、スープ割りはお声掛けください、といわれたので、遠慮なく。
DSC01516.jpg

このスープ割りはなかなか、うまかった。もしかしたら、らーめんもいけるかも。難をいうと、レンゲがちょっと小さい。面倒なので、直接器を手に持って飲み干した。
DSC01517.jpg

ぺろりと完食した。総じて、接客は、落ち着いていて品が良く、ていねいで好感が持てる。有線放送だと思うが、懐メロ的なフォークソングがBGMにずっと流れていた。俺が食っている間に、一人客が2名入ってきた。いずれもつけ麺並だった。食券自販機の一番上の並びのボタンが空いているのは、新しいメニューのためなのだろうか、それとも。
DSC01520.jpg

【住所】   横浜市金沢区六浦1-12-17
【電話】   
【営業時間】 11:00~15:00(しばらくの間昼の部のみ)
【定休日】  月曜日、第二土曜日
【アクセス】 電車で:京浜急行金沢八景駅下車。徒歩10分くらい。駅を降りて、直進すると国道16号線にぶつかるので、横断して、横須賀方面に右折。そのまま16号線を直進した左側。
【駐車場】  なし(近隣にコインパーキング)
【席数】   カウンター9席

【メニュー】 並盛つけ麺700円 並盛チャーシューつけ麺900円 
       並盛らーめん650円 並盛チャーシューらーめん850円
       大盛つけ麺800円 大盛チャーシューつけ麺1,000円 
       大盛らーめん750円 大盛チャーシューらーめん950円
       特盛つけ麺900円 特盛チャーシューつけ麺1,100円 
       メンマ100円 のり50円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター