2012-08-19

三浦海岸 豚骨ラーメン 花家

醤油ラーメン650円+味玉100円
DSC01229.jpg

三浦海岸駅から海岸に向かう道に昨年開店した店。今日も暑く、歩いているだけで汗が出てくる。お盆を過ぎても、海水浴客は結構いて、海岸は賑わっていた。駅前からの人通りも、海に遊びに来たであろう人たちがほとんど。店舗は駅前通りに面したこじんまりとした店構えだ。

店にはいると、入口はさほど広くないが、奥行きはあり、テーブル席もある。入口横に食券自販機が設置され、反対側の壁に向いて、カウンター席が並び、店奥に厨房があり、ドンブリを出すための開口部が設けられている。

先客は3名。人手不足なのか、食い終わったドンブリがカウンターに置き去りになっている。いずれ、片づけるにしても、人が食ったドンブリがそのままになっていたりすると、あまり気分のいいものではない。店員は厨房にいるほかに見あたらなかったので、ひとまず食券を置くと、好みをきかれたので、普通にしておいた。

節電のせいか、あまり冷房は効いていない。12時を少し回った時間だが、ぽつぽつ客は入ってくる。先客の2名と俺のラーメンが同じタイミングで出来上がったようだ。深ざる使用で、まあまあ丁寧そうな調理のようすだ。店員は調理中の男性だけかと思っていたら、もう1名、バイトらしき男性店員がラーメンを運んできた。

見るからにクリーミーなスープは、いかにもという、見た目どおりの甘みの強い豚骨味。とろみもあり、それなりに濃厚。これならと、ブラックペッパー、きざみショウガ、おろしニンニクを入れてみたが、味わいは悪くない。麺は角断面の中太麺。標準で、固めの茹で具合で、いい歯ごたえだ。

チャーシューは、柔らかく、崩れやすいものが1枚。これも悪くない。ほうれん草もまあ新鮮な方だと思う。海苔もまあまあ。総じて、マイルドで力強い一杯。食い進むうちに汗が出てくる。ティッシュペーパーは見あたらなかった。水をセルフでお代わりして、スープまで飲み干し、完食。
DSC01231.jpg

気になったのは、いまいち店員が覇気がないところ。そういうスタイルなのかな。やたら家系とこだわった貼り紙があるのも気になる。横浜家系と掲げているが、町田商店の系統らしい。醤油だけでなく、塩、味噌まである多展開ぶりも何となく、今どきの自称家系らしい。

しかし、暑さのせいか、すごく大切なことを忘れていたことに家に帰ってから気がついた。味玉がなかった。確かに食券はラーメンと味玉の2枚分を置いたのに。これって、スープまで平らげておいて、まったく気がつかなかった俺の責任だな、やっぱり。もう大体、先入観でこんなラーメンが来ると思っていて、そこで味玉がのっていないことに全く違和感を覚えなかったのが、敗因だ。あーあ。

DSC01233.jpg

【住所】  三浦市南下浦町上宮田3374-1
【電話】  046-889-1444
【時間】  11:30~2:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行三浦海岸駅より徒歩5分くらい。駅前の大きな通りを海の方向に進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル6席、テーブル2席

【メニュー】醤油ラーメン650円 醤油スペシャル850円 醤油チャーシュー900円
      塩ラーメン650円 塩スペシャル850円 塩チャーシュー900円
      味噌ラーメン650円 味噌スペシャル850円 味噌チャーシュー900円
      つけ麺750円 つけ麺スペシャル950円
      ◇トッピング
      味玉100円 ほうれん草100円 のり増し100円 万能ネギ100円
      ワカメ100円 メンマ150円 もやし、キャベツ200円 味付けネギ200円
     
      中盛100円 大盛200円 ライス150円 餃子350円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター