--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-11

追浜 新世代家系ラーメン誠

味玉ラーメン750円
DSC01095.jpg

追浜の国道沿いに新しく開店した店だ。木の立派な看板には、豚骨醤油、新世代家系ラーメンの文字が並ぶ。詳しくはよくわからないが、家系の亜流ということだろうか。12時少し過ぎだが、先客は1名のみ。そもそも、通りを歩いている人もまばらだ。

今日は、湿度は高いが、耐え難いほどの暑さではないせいか、店の引き戸はめいっぱい開け放してある。入口を入るとすぐ左に食券自販機がある。とりあえず、基本のラーメンに味玉をプラスした味玉ラーメンにしてみた。食券を買っているそばから、女子店員が水を持ってスタンバイ。L字型のカウンター席のコーナーに座った。

麺茹では深ざるを使用。男性店員が厨房内で孤軍奮闘中。女性店員は、カウンターの奥がカーテンで仕切られており、そこに座って何か事務作業のようなことをしている。ほかに待っている客もいないので、すぐにできあがり。小さめの寸胴からスープをすくい、湯切りはていねいだ。

カウンターに置くかと思いきや、カウンター越しに直接手渡された。見た目に背脂が少し浮く豚骨醤油。スープは、少しとんこつ臭があるが、すぐに気にならなくなる。スープは、これが新世代家系なるものなのか、とんこつのコクよりも醤油の味がかなり際だっている。その分、あっさりしているが、奥行きはない。薄っぺらな豚骨醤油というより、豚骨ベースのあっさり醤油味という感じ。それにしても、醤油がとがりすぎだろうと思われる。

麺はこれも新世代家系ならでは、太麺ではなく細めの麺をチョイス。このあっさりめのスープには合っているようだ。これはこれで悪くはないが、もう1回食いたいかといわれるとNO。試さなかったが、おそらくニンニクなどいれたら、そのパワーにスープが負けてしまうと思われる。

具材は、冷凍かものほうれん草、崩れかかった柔らかめだが、旨みのないチャーシュー、のり3枚。味玉はやや固めで、味付けはちょっと濃い。何か食っているうちに、醤油のしょっぱさだけがとがっていて、スープには興味がもてなくなった。折角の背脂もあまり活かされていないようで、残念だ。

飲み進むうちに、ドンブリに筋がついているのがわかった。これって、スープの量を一定に入れるのに役立つのかな、などと想像してしまった。
DSC01096.jpg

スープは、やっぱり少し残して、退散。接客は気持ちよく、愛想もまあまあ。いつまでもがんばってほしい。
DSC01097.jpg

【住所】  横須賀市追浜町2-15
【電話】  
【時間】  11:00~23:30
【定休日】 
【アクセス】電車で:京浜急行追浜駅より徒歩10分弱。改札を抜けて、16号方面に階段を下り、横断歩道を渡り、右折し、直進。アーケードの商店街の中。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席

【メニュー】醤油ラーメン650円 味玉ラーメン750円 もやしラーメン800円
      きゃべつラーメン750円 ねぎラーメン800円
      チャーシューメン850円 つけ麺800円 まぜそば800円
      各種大盛り100円
      ☆トッピング
      きゃべつ100円 もやし150円 ねぎ150円
      チャーシュー250円 バター100円 メンマ100円
      のり50円 味玉100円  
      ライス150円 半ライス100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

よし!

はじめていただきましたアルコールを少しいれてからいったのですが、非常に食べやすい印象でした!!シンプルに醤油ラーメンを注文。他も食べてみたいと思わせる一品でした!ぜひ御賞味あれ。

夜10時半に来店、先客1名カウンターには知り合いらしき女性が酒を持ち込んで飲んでいて店主とバカ笑い。ラーメンの味以前の問題。
最悪店です
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。