2009-09-16

伊豆仁田 心

鶏白湯らーめん 塩650円+味玉100円
CIMG1693.jpg
今日も静岡出張です。伊豆箱根線の伊豆仁田と大場駅の中間くらいの熱函街道沿いにある新しい店です。鶏白湯と油そばの2本立てというメニュー展開の店ですが、この辺りでは珍しいのではと思われます。不肖私も鶏白湯なるスープはおそらく(自信がありませんが)、未食です。
大きく心と書いた看板の下にco co ro とルビをふっています。なぜか、ココロのボスを連想しました。
外構えと同じように店内もアイボリーの木の造りで落ち着いた雰囲気です。L字型カウンターの店内は先客が3名です。鶏白湯らーめんを発注すると、塩か正油を訊かれました。一瞬、躊躇しましたが、先に書かれてあった塩を発注します。
さてカウンター席に落ちいて、先客と店員の会話を聞いていると、夜は23時まで開いているらしいことや他にも店があることや、その店の場所をしきりと確認している様子が耳に入ってきます。店員は男性2名で、若くみえる方の男性が調理をしています。対応は、もう一人の男性店員が行っています。
しばらくして、女性3人組が賑やかに入ってきました。カウンター席だけなので、店員さんの少し困った様子に、先に入った一人と私が席をずらして、3人並んで座れるようにしました。女性3人はその名のとおりに本当に姦(かしま)しかったです。はじめての来店の様子で、オススメをきいていました。件の調理店員さんが、まずは鶏白湯塩、さらに油そばを薦めていました。さらに大盛も無料とすすめています。さすがに大盛は発注していませんでしたが、全員が鶏白湯を塩と醤油に分かれて発注していました。この後、ラーメンが出てきてからも、いちいち感想を云いながら、食べていましたが、面倒なので、省略します。
さて、スープはざるで漉しながら、ドンブリに注いでいます。麺は深ざるでゆでています。やがてカウンター越しに熱いので、お気をつけください、といいながらやってきました。鶏白湯ということであっさりしたスープを想像していましたが、白濁したスープは意外とこってりしています。具材も変わり種です。水菜がシャキっとしています。さらにメンマではなく、竹の子、鶏の渦巻きチャーシュー、ネギ、揚げニンニクなどがのっています。味付玉子は最初から半分入っていました。いつものことですが、さらに追加してしまいました。さて、このスープは微妙な味わいです。コクがありそうでいて、あっさりそうでいて、とらえどころがありません。さらに具材とのマッチングも少しずれているような気もします。
さらに麺が茹ですぎ気味で、大盛りにしたものですから、湯切りの甘さからかもしれませんが、妙なねばつき感で、途中で飽きがきてしまいました。
意外と厳しい評価になってしまいましたが、接客その他はとても気持ちのいい店でした。
家に帰って調べたら、麺屋中川というお店の系列でした。創作ラーメンにも取り組んでいるようです。東部のラーメンも刺激を受けて、伝統的な味に加えて、新しい味がどんどん進化していくことが楽しみですね。
CIMG1695.jpg

スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター