2012-05-15

蒲田 らーめん潤

中華そば730円+味付玉子100円
DSC00950.jpg

雨の日の蒲田で初訪問の店。蒲田はラーメン店が多い魅力的な町だ。俺にとっては、それ以外に魅力はないが、それだけでも十分。すぐ前は麺匠呉屋。ここも未食なので、いつかは訪れたい店だ。さて、入店は12時半頃だが、意外と空いていた。先客は5,6名。しかし、俺の後に、ぽつりぽつりと絶え間なく客足はあったので、製作がとまることはない。

初訪問なので、基本と思われる中華そばに味付玉子をトッピング。お好きな席にどうぞ、といわれたので手前の席に座る。気温は高くなく、上着があったほうがいいくらいなのだが、湿度が高く不快。上着をかけるハンガーがカウンター席分、壁に用意されているのがうれしい。上着をかけて着席し、しばらく観察。事前に調べたが、背脂の量は選べる。しかし、こちらから指定しない限り、とくにきかれることはない。普通で。

小油、標準、中油、大油、鬼油の5種類。鬼油は標準の約4倍だそうだ。何事もほどほどがいい。で、何も云わなければ標準に。太麺のせいか少し出てくるのに時間がかかる。でき上がったら、銀のトレーに乗せられてカウンター越しにやってきた。重層な背脂のせいで、スープが白く見える。

よーく味わうと、背脂のぬるっとした感触があるが、普通には甘めの広がり感を出していると思う。しかし、背脂にごまかされてはいけない。醤油味のしっかりと締まった味が支える。特に気に入ったのは、醤油のちょうどいい酸味。そして、それを支える力強い煮干しの、線が細そうでいて重厚な出汁加減がいい。

そして、玉ねぎも白いから目立たないけど、実は甘みのバランスをとるのに一役買っているのではと思われる。そして、何といっても、岩のり。触れずに自然に溶け出すのを待つか、積極的にスープに沈めるか。泣かぬなら、泣くまでまとうホトトギスの精神で、溶け出したら楽しんだ。チャーシューは柔らかめ。

そして麺。円に近い直角断面の極太麺がいい。若い感じがする。弾力や舌触りがとてもいい。このスープにこの麺で、攻撃的に中和しているのかなと思った。当初だけ、麺との違和感を感じたがすぐに慣れる。忘れた頃に磯の風味を誘う岩のりもいい具合だ。しかし、ラーメンはバランスをどの辺に合わせるのかが難しいのだなと改めて考えさせられた。背脂に煮干しのバランスの取り方がいやはや、参りました。

味付玉子もよかった。特筆は、いろいろある調味料。背脂が標準以下なら白コショウ、背脂多めはブラックペッパー、にんにく、などのおおすすめもカウンターに書いてあるので、自分なりに楽しめるのもいい。しかし、秀逸は柚子こしょう。注意書きに
風味が強いので少しずつお試しを、とある。少しずつ試した。柚子の風味がいい。その他にも、濃い味好きに麺タレも用意され、至れり尽くせり。

なかなかうまい一杯だった。食い終わる頃には、ほぼ満席になった。一麺入魂の精神に対して、スープを少し残したけど勘弁。ごちそうさま。

DSC00951.jpg


【住所】  東京都大田区蒲田5-20-7
【電話】  03-5714-7255
【営業時間】11:00~2:00(月~土曜)
        11:00~23:00(日祝) 
【定休日】 不定休 
【アクセス】電車で:JR蒲田駅から徒歩約3分。東口に出て、駅を背に左側の太い通りを直進。ケンタッキーフライドチキン(KFC)の手前を右折して少し進んだ四つ角を道なりに右折したところ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター17席。
【メニュー】中華そば730円 特製味噌ラーメン900円 つけめん800円
       油そば800円 岩のりらーめん950円 めんまらーめん850円
       ちゃーしゅうめん1,030円 ほか


スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター