2012-02-19

三浦海岸 ラーメンショップ城門

城門ラーメン700円
DSC00801.jpg

いつかは行こうと思っていたが、なかなか行けなくて実は初訪問。日曜の昼時とあって家族連れを中心に大にぎわい。俺は一人なので、すんなりカウンターに座れたが、店内には軽い行列もできていた。カウンター席に座ると、とりあえずメニューは置いていったものの、なかなか注文をとりにこない。ホール係はていねいな若い男性、それなりの女性の2名体制。運悪く女性店員が注文をとりに。麺は細麺と太麺があって、細麺が標準らしいのだが、女性店員は「麺は細麺でいいですか?」と訊ねるのに対し、男性店員は、「細麺と太麺のどちらにしますか?」とていねいにきいている。俺は、当然細麺の選択になった。

厨房内では男性2名がフル回転。餃子にチャーハンなどラーメン以外の注文も結構入ってくる。それでも待ち時間は10分もないくらいだ。出てきたラーメンはドンブリの下にも皿が置かれるていねいさ。見た目には溶き卵がふわっとした感じで、いかにも体が温まりそうな印象だ。しかも、実際体が温まる。とろみ度というか粘り具合というか、俺にはなかなか新鮮でいい感じだ。それに対して、麺は細いストレート麺で、ややのび気味というか柔らかめ。これは、ちと好みではなかった。しかし、スープに麺が入っていると考えると、腑に落ちる。

受け皿に置いてある穴あきのレンゲは、実際正しい使い方がよくわからないのだが、具材だけ食うときに使うと便利だ。スープに渾然一体となって、ひき肉やザーサイが入っている。しかし、この生姜風味に合うのは、少しだけのったネギなのだ。この青ネギを追加したいくらい、スープと合わさった味わいがいい。お互いの味の強さが主張し合わず、譲り合う感じだ。

それにしても、熱々で、なかなか食がはかどらないが、このスープ、いやラーメンは体にもよさそうな気がする。さてさて、今日は気持ちのいい晴れ模様で、海もとてもきれいな青色で、風もなく穏やかなので、交通量も多いようだ。とはいえ、もしかしたら、常連なのかもしれないが、とにかく家族やグループ客が多く、食っている間にどんどん店内で席待ち状態に。スープのみ少し残し、食い終わって、タイミングを見はからって、会計した。休日の城門は恐るべしかも。やはり、個性のはっきりしたラーメンは強いのかな。味が容易に思い出せるというか、体に覚えさせるラーメンはさすが。でも、このラーメン、ここまで来ないと味わえないみたいだ。やはりこの混雑はオリジナリティあふれるラーメンを求める本能ゆえか?なかなか興味深い店だった。

DSC00803.jpg

【住所】   三浦市南下浦町上宮田1130-2
【電話】   046-888-3553
【営業時間】 11:30~22:00
【定休日】  月曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行三浦海岸駅下車徒歩10分くらい。駅・バス乗り場を背にして左方向に進み、狭い五叉路を線路を
を背にするように海側に向かって進み、海岸沿いの国道134号線に突き当たったら左に進む。しばらく道なりに進んだ左側。
       クルマで:佐原インターをおりて右折し、ずっと道なりに進み、野比駅入口交差点を右折し国道134号線へ。諏訪神社入口交差点を過ぎ、少し進んだ右側。
【駐車場】 店横に10台以上
【席数】  カウンター6席 ボックス席×8 テーブル2席×1
【メニュー】城門ラーメン700円 ピリ辛城門830円 やきそば800円
       担々麺720円 野菜タンメン800円 ほか
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター