2011-11-15

下永谷 神勝軒

特製つけめん950円
DSC00457.jpg

12時半過ぎに現着。天河水がいつの間にか(といっても俺が知らなかっただけだが)、閉店して新しい店になっていた。駐車場はほぼ満車で、1台分がちょうど空いていた。店外に2名が並んでいた。行列してまで食うほどではないかな、と思っていたが、すでに車も停めたし、この際しかたない。店外に貼ってあるポスターを見たら大勝軒の系列になったようだ。やけにラーメンの幟が増えたな、と思っていたら、そういうことなのかと妙に納得。11月にオープンしたらしい。

店が変わってもあまり外観は変わらず、ほとんど居抜きかと思われる。5分くらい待って、食券自販機で特製つけめんを購入した。また、しばらく待って、カウンター席に案内される。うーん。ほとんど変わっていない。スープ割りのポットも以前どおりだ。また、しばらく待って、一度に4人分が続けざまに登場。一度に数人分を茹でているので、麺茹でのタイミングで運が悪いと、次のタイミングになるところが、俺のが一番最後に出てきたので、運がよかった。

特製はチャーシューが4枚、のり2枚、味付玉子1つ。チャーシューは炙ったようなものとおそらく標準で提供されるものの2種類。どちらも柔らかいが、炙ったものは厚く、とても柔らかく箸でほろほろと崩れる。その前に、麺は相変わらず太めで、張りがよく、ぷりっとしている。つけ汁は豚骨魚介系は以前と同じだが、印象はずいぶん違うものになった。相当濃厚だったつけ汁は、少しだけさらっとした感じもあるが、じゅうぶんに濃厚。最初に印象で結構感じた酸味は、大勝軒のつけめんとはちょっと違うが、慣れると悪くない。ちょっと甘みもあるが、ゆずの風味が最後まできいている。メンマはつけ汁の方に細めのものが入っている。のりをつけ汁につけて食ったみたが、ちょっとこの味には抵抗があった。味付玉子は、玉子だけで食うと、薄い味付けで、ちょっと合わなかった。

最後にスープ割りで、飲んでいたら、柚子の切れ端が出てきた。天河水の濃厚な魚介風味が意外と好きだったことに、今になって気がついた。この味はこれで悪くないと思うのだけど、わざわざ並んでまで食うほどでもなかったかも。店員は調理専門男性1名、補助男性1名、洗い場女性1名、ホール係女性1名の4名。1名は常勝軒と背中に書かれたTシャツを着ていた。家に帰って調べたら、麺屋こうじグループという会社の系列みたいだった。そういえば、神奈川の1文字をとった店名のようなことが書いてあったような気がする。それにしても、居抜きというか、看板の付け替えだけなのかもしれない。

DSC00460.jpg


【住所】  横浜市港南区下永谷3-28-13
【電話】  045-823-4379
【営業時間】
【定休日】 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄上永谷駅下車。徒歩15分強。改札を抜けたらすぐに右折し、階段を下りて一方通行道路を左に。2車線道路に突き当たったら、右折し、目の前の太い道路が環状2号線。道路を左折、直進し環状2号線を新横浜方面へ。環2水田交差点の少し先、本牧家の向い側。
      車で:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点の手前、右側。
【駐車場】 店舗裏に10台、店舗となりに2台。
【席数】  カウンター9席、テーブル4席×2

【メニュー】◇昼の部
      特製つけ麺950円 チャーシューつけ麺950円 ねぎつけ麺850円 味玉つけ麺850円
      つけ麺750円
      特製らーめん900円 らーめん700円 塩ラーメン750円 担々麺800円
      チャーシューメン1,000円 ネギラーメン800円 味玉ラーメン800円
      ◇麺の量
      中盛50円増 大盛100円増 特盛200円増 極盛300円増
      ◇トッピング
      味玉100円 メンマ100円 青ネギ100円 のり100円 辛ジャン100円 ちゃーしゅう300円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター