2011-10-02

藤井家

豚骨醤油ラーメン 600円
DSC00357.jpg

12時30分過ぎに入店。店の入口には一生懸命営業中の看板が立っている。しかし、日曜日の昼時にもかかわらず、先客ゼロ。扉をどうやって開けたらいいのかわからず、取っ手をさがしていると、かってにスライドした。つまり自動ドア。ところが、店に入ってすぐ右手にある食券自販機は故障中なのか、レジで注文して払うよう貼り紙がしてある。カウンターに座ると、水が出てきた。豚骨醤油を発注すると、ちょっと外国訛りがあるが、流暢な日本語で、太麺と細麺の選択をきかれた。太麺をお願いした。

ここまで、客がいなくて大丈夫か。人ごとながら心配になった。外には漏れていないようだが、店内はかなり臭い。豚骨臭とほかにも混じっているようだ。ドブのような臭い。これには結構参った。調理場はいまいちよく見えない。キッチンタイマーの音がしたら、すぐに出てきたので、おそらく手順をしっかり教わって作っているのだろうと思う。カウンターごしにていねいに出されたドンブリには店の名前が入っている。

もやしとワカメと半分玉子とのりがのっている。まずはスープ。薄い。薄すぎる。豚骨醤油だからといって、家が屋号につくからといって、いわゆる家系でもないし、亜流でもない。完全にオリジナルだ。コクのないあっさりスープは、やや臭みもある。ブラックペッパーがあったので、振ってみた。さすが香辛料で、前より感じはよくなった。ニンニクなどは置いていない。さらに、黄色いぼそっとした食感の麺は、スープとの相性がまったく合わず、これはいけません。具材は倹約のための努力と思われるが、もやしとワカメがこのスープと麺に合うのだろうか。他人はわからないが、俺にはちょっと合わなかった。チャーシューは固いが、まあ許せる範囲。

途中、コップの水が半分くらいになったら、継ぎ足してくれた。しかもアクアクララのタンクからだった。この水は冷たくておいしかった。スープはかなり残してしまって退散。俺が食っている間、ずっと直立不動だった店員さん。次に客が入るのはいつかな。がんばれ!藤井家。となりのスナック、グルッペもいかした店名だ。

DSC00360.jpg

【住所】   横須賀市衣笠栄町2丁目付近
【電話】   
【営業時間】平日11:00~3:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩5分くらい。駅を出てロータリーを駅を背に右方向に。コンビニエンスストアポプラの先を左に入ったところ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席
【メニュー】豚骨醤油ラーメン600円 のりラーメン700円 わかメラーメン700円 キムチらーめん800円
       チャーシューメン800円 ねぎラーメン780円 つけメン800円 味噌ラーメン700円
       カルビラーメン800円 豚角煮ラーメン800円 ヤサイラーメン750円
       メン大盛プラス200円 中盛プラス100円
       ◇トッピング
       もやし100円 味付け卵100円 わかめ100円 キャベツ100円 のり100円 ねぎ200円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつも見てます♪

いつも参考にさせていただいております。このお店の近所に住んでいるのですが、藤井家はなくなりまして、つい数日前に、新しく『たね家』という家系のお店ができました。メニュー表には中川家姉妹店と書いてありました。ただ入り口にも店内にも営業時間や定休日がどこにも書いてありませんでした。へんぴな所ですがよかったら行ってみてください。
これからも応援してます。

ラーメン中毒様

いつも拙サイトをご覧いただきありがとうございます。
くわしい情報ありがとうございます。
さっそく近々訪問してみます。
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター