2011-06-17

平塚 老郷 本店

タンメン550円
2011_06_16_16_12_40.jpg

平塚駅から徒歩圏内の店だが、俺としては課題店だった店。なぜ課題かというと、辛さに次いで、甘い酢が苦手なのだ。だから、酢豚などは食えるが、自分では絶対発注しない。臭いも苦手で、できれば近くにいてほしくない。それで、酸味といっても、つけめんでも多少酸味はあるじゃないかと自分に言い聞かせて、駅から歩くこと数分。小雨が降っていたが、店の前の戸は全開。オープンエアーな感じはちょっと好感。コの字型に突き出たカウンター席には、16時過ぎで、2名の先客。直後に入ってきた爺さんが、すぐに喫煙をはじめたが、席が離れていてよかった。

店員は、年季の入ったおじさんが一人。手際のよい仕事ぶりで、麺を茹でて、平ざるで掬って、湯切りらしい作業は、さほどない。本当に昔ながらのスタイルなのだと思う。ていねいな仕事で、無駄な動きがない。後から、すぐに客が男女それぞれ入ってきた。さすが、地元密着店。そのうちには、持ち帰りセットを求める主婦らしき客まで現れる。ちょっと、期待が高まるが、出てきたラーメンはとってもシンプル。具材は、タマネギと大量のワカメのみ。このスタイルに辿り着いたことと、ずっと続けていることに敬服せざるを得ない。到底の努力では内容に思える。ラーメンにあっては継続できていることは実力の証といえる。

スープはひとくち飲んで、予想以上に甘だるい酸味で、これは厳しいと直感したが、がんばる。今度は、麺。白い麺はコシはなく、延びているというより、弛緩している状態で、これはこれでいのだろうと思いながら、すする。少しずつ慣れてきたが、やはりスープが厳しい。いやはや。合わなかったけど、きっと地元では愛用されているのだろうなという感じの雰囲気がよく伝わってきた。シンプルすぎるメニューもいい。何より潔さが他の店の追随を許さない。スープは半分くらい残して完食。未熟ですみません。

CIMG2905.jpg

【住所】  平塚市紅谷町17-23
【電話】  0463-21-3658
【営業時間】11:30~23:00
【定休日】 月曜日 
【アクセス】電車で:JR平塚駅北口から徒歩7分くらい。駅を背に少し進み、アーケードを左方向に。しばらくすると、右手に郵便局。その先の交差点を左に曲がった左側。
【駐車場】 なし。店前にコインパーキング。
【席数】  カウンターのみ20席くらい(間隔狭い) 
【メニュー】湯麺(タンメン)550円 みそ麺550円 餃子500円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター