2010-11-03

北久里浜 逗子家

正油ラーメン630円+味付けタマゴ80円
CIMG2508.jpg

文化の日なので、北久里浜に開店した逗子家に行ってみました。先月開店したばかりのまだ新しい店ですが、味もこなれた頃と思い訪問しました。店の前に駐車スペースがありますが、おそらく駐車してよいのだろうと思い、正面から駐車すると、店内から丸見えで気恥ずかしいものがあります。

とはいえ、店内は明るく入りやすい感じです。入口近くの食券自販機で一番ボタンの正油ラーメンにいつものように味付玉子を追加します。お好きな席にどうぞ、といわれカウンター席につきました。先客9名ほどです。正午にまだ10分くらいありますが、今日は休日ということも考慮すると、出足はまあまあでしょうか。店内を観察すると特大の寸胴が置かれ、店員は男性2名に若い女性1名です。全員黒のTシャツです。背中に横浜家系逗子家と書かれています。横浜家系と書いてありますが、この人たちの矜持とかはどうなのでしょうか。もはや家系とか声高に言うことでもないような気もしますが、あまり細かいことは気にせずに豚骨醤油がメインの店かなと思うのが正しい認識のようです。

様子を見ていると男性1名が責任者で、もうひとりの男性が見習い的です。女性店員が深ざるを一度に2つ持って、湯切りをしていますが、10回以上もしつこく振っていました。食券をカウンターに置くと、味の好みなどをきいてくれます。また、様子を見ていると、人によっては、味の濃い、薄いがありましたら、と丁寧に声掛けをしています。

あまり待たずに出てきました。ドンブリはやや小さめでしょうか。最初からうずらの玉子がのっています。スープは看板どおり濃厚でクリーミーなものです。豚骨独特の甘さはしつこくなく、なかなかいい感じです。雑味もなく、濃厚なのにすっきりとした味わいで、上品な質感があります。この近辺は個人的には醤油が前面に出てバランスがあまりよくない店が多いなと感じていたので、結構新鮮さをもって受け入れられるのではと思います。あとは店の雰囲気づくりを間違えなければ、きっと人気店になれると思います。黄色い短めの麺はやや中太という感じですが、さほど特徴はありません。テーブルには、乱雑な切り方のタマネギが、これまた掬いにくい匙とともに容器に入ってカウンターに置かれています。そういえば、ラーメンにのったねぎも長めに切ってあります。うずらは、しょっぱすぎです。玉子はまあまあです。チャーシュー、ほうれん草、のりも悪くはありません。カウンターには、さらにゴマやブラックペッパーなどもありますが、おろしショウガはありません。残念です。

ドンブリが小さいのとスープが好みだったのとで、スープまであっという間に完食しました。大きな声をかけられる前にさっさと退散しました。

CIMG2509.jpg

【住所】  横須賀市根岸3-10-7
【電話】  046-874-4600
【営業時間】11:30~23:30
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から目の前の国道134号線を渡り、右手に横浜銀行が見えたら、そのすぐ先。  
【駐車場】 2台
【席数】  カウンター12席、テーブル2人×2、4人×1

【メニュー】正油ラーメン630円 正油ネギラーメン780円 正油チャーシューラーメン830円
      正油ネギチャーシューラーメン980円  
      正油ラーメン大盛730円 正油ネギラーメン大盛880円 正油チャーシューラーメン大盛り930円
      正油ネギチャーシューラーメン大盛り1,080円  
      塩ラーメン630円 塩ネギラーメン780円 塩チャーシューラーメン830円
      塩ネギチャーシューラーメン980円  
      塩ラーメン大盛730円 塩ネギラーメン大盛880円 塩チャーシューラーメン大盛り930円
      塩ネギチャーシューラーメン大盛り1,080円
      味つけタマゴ80円 もやしキャベツ80円 キクラゲ80円 のり80円 うずら80円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター