2017-03-01

藤沢本町 らーめん はじめ

平成29年3月1日(水) 12:17訪問。
つけ麺750円+味付煮たまご100円を食す。

小田急線の藤沢本町から歩いてすぐのこの店。以前から行ってみたかったのだが、ようやく訪問できた。
s-DSC01277_20170319095526678.jpg

厨房に面した直線上のカウンター席は7席で、地元の男子高校生と男性客でほぼ満席。幸運なことにひとつだけ席が空いていた。店構えから少したじろんだが、入ってみると、意外にも親切でていねいな対応ぶりだった。

厨房には夫婦らしき男女店員。店主と思しき男性店員が麺茹でなどのメイン調理を担当、女性店員がアシストする。カウンターの上に貼られたメニューはつけ麺とらー麺の2種類。醤油のほかに味噌もある。他の客はほとんどがつけ麺を食っているので、まねして、俺もつけ麺を口頭で女性店員に発注した。

厨房の入口側に麺茹での鍋が沸いている。店主は麺茹でをしながら、外の客の様子も見ていてるようだ。「満席なので、外でお待ちください」とていねいに対応していた。

順番に調理していって、俺の番だ。平ざるで湯切りして、水で締める。その後、提供されたのが、これ。チャーシューが分厚い。
s-DSC01269.jpg

つけスープにはもやしやさやえんどうなど珍しい具材がのっている。味は魚介系出汁が前面に出ているが、他の出汁もしっかりと支えていて、複層的な味わいだ。適度な甘みと酸味があるが、少ししょっぱい。

太い麺はコシはあまり強くないが、柔らかめの適度な弾力が、意外と新鮮だ。量も多くて、中盛まで無料のようだが、標準でもけっこう入っている。なるほど、育ち盛りの高校生が通うわけだ。

チャーシューは見た目っどおりの肉厚で、食い応えがある。味つけは薄目で、これはつけスープニ入れて食うことを前提にしているのかもしれない。
s-DSC01270_201703190955282e6.jpg

玉子は固ゆでで、ゆで卵に近い。
s-DSC01272_20170319095530ac6.jpg

食っている最中に、隣の高校生が調理のタイミングをはかることもなく、「スープ割りください」と無邪気に声をかけると、嫌な顔ひとつせず、さっとスープをいれてつくっている。

俺は大人なので、タイミングを見計らって、スープ割りをお願いした。その間も客が顔をのぞかせるが、相変わらず満席だ。女性店員が俺の出した器にスープを注いで、ねぎをのせてくれて、また戻してくれる。

やはり、ちょっとしょっぱいかな。でも、全体的には、とてもうまい。
s-DSC01274_20170319095531b1d.jpg

さきほどの高校生が勘定。何気に見ていると、「学生さんは100円引きです」とえっと思うような大サービス。

俺も食い終えて席をあけるとしよう。ごちそうさまでした。また近くにきたら、寄ってみよう。それにしても、見かけによらず、ていねいな言葉遣いの応対が気持ちよい。店を出たら、行列が吸い込まれていた。
s-DSC01276_20170319103022438.jpg

【住所】  藤沢市藤沢3-2
【電話】  非公開
【営業時間】11:30~14:00くらい 18:00~20:00くらい
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:小田急江ノ島線藤沢本町駅から徒歩1分くらい。改札を抜けて、道なりに直進。分岐は右に道をたどり、すぐの左側。


【席数】  カウンター7席
【メニュー】 らー麺750円 味噌らー麺750円
       チャーシューらー麺1,000円 チャーシュー味噌らー麺1,000円
       つけ麺750円 味噌つけ麺750円
       チャーシューつけ麺1,000円 チャーシュー味噌つけ麺1,000円
       味付煮たまご 100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター