--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-01-25

稲田堤 らーめん家せんだい川崎店

平成29年1月25日(水) 12:46訪問。
らーめん醤油680円+味玉100円+小ライス無料を食す。

今日は川崎北部に外出。クルマだったので、駐車場の広いこの店で昼食をとることにした。鶴ヶ峰本店羽沢店は行ったが、ここは初めての訪問。とはいえ、味の想像はつくので、何となく安心だ。
s-DSC01061_2017012910442712f.jpg

少し離れた駐車場にクルマをとめて、店に入ると、店内は広いが、ほぼ満席。カウンター席がかろうじて空いていた。タッチパネル式の食券自販機で食券を購入するのだが、面白いのは麺の硬さや味の濃さなどが、選べるところだ。これで、口頭でのやりとりが省けるので、お互いに楽だ。

俺は、普通に醤油味。そして、味の調整はなし。標準でお願いする。そして、入店時に確認した、無料の小ライスを口頭でお願いした。

水はセルフサービスかと思いきや、先ほど席を案内してくれた女性店員が運んできてくれた。こういうサービスが意外に新鮮に思えたりする。

これだけ、混んでいても厨房内は2名。1名がメインで調理していて、特に慌てるようすもなく、働いている。思ったよりも早く俺のラーメンが運ばれてきた。
s-DSC01054_20170129104429c99.jpg

想像どおりの豚骨のうまみとコクがしっかりと味わえるスープ。鶏油は多め。醤油味がビシッと効いたタイプでないので、キレはあまりなく、ややもすると甘目な印象もある。
s-DSC01055_201701291044309f6.jpg

短めで丸くて縮れた太麺は、弾力があってボリューム感もある。
s-DSC01056.jpg

ライスは、カウンター上にあるたくあんをのせて食うか、こんな風に海苔を巻いて食うのもよし。
s-DSC01057_20170129104433822.jpg

チャーシューは柔らかいけど、少し癖がある。
s-DSC01058_2017012914085975e.jpg

この味玉は頼んで正解。こういうとろーりとした加減が大好き。
s-DSC01059_20170129140900b33.jpg

食い終えて、次々と店を出て行く客を見ていると、やはりスーツより作業着の方が多い。それに比べて、今日の俺の仕事は、何も生み出さないどころか、化石燃料を燃やしてクルマを走らせているばかり。

そんなことを考えてたら、半ライスは食い終えたものの、スープは残してしまった。
s-DSC01060_20170129140901598.jpg

昼時のピークを過ぎたのか、波が引くように店が空いてきた。ごちそうさま。
s-DSC01053_20170129141537da9.jpg
ちなみにしばらく行かないうちに、羽沢店は閉店していたようだ。

【住所】 川崎市多摩区菅馬場2-1-1
【電話】  044-322-8500
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:JR南武線稲田堤駅徒歩15分くらい。駅を出て線路を渡り、まっすぐ進む。駅入口交差点の信号を左折して府中街道を進む。ずっと進んだ右側。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター7席 テーブル2人×4、6人×3
【メニュー】ラーメン並盛680円 中盛780円 大盛880円
      味は4種類から選ぶ
      とんこつ醤油 とんこつ味噌
      とんこつ唐辛子味噌 とんこつ塩
      ◇トッピング
       ダブルチャーシュー360円 チャーシュー180円
       きゃべつ100円 きくらげ100円
       ネギ100円 メンマ100円
       コーン80円 もやし80円 
       味付き半熟玉子100円
      ライス150円 小ライス100円
      ねぎチャーシュー丼300円
【店舗web】http://www.ramen-sendai.jp/index.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。