2016-10-16

衣笠 らぁ麺川たか

平成28年10月16日(日) 11:38訪問。
特製醤油らぁ麺950円

2度目の訪問。前回印象がよかったので、また来てみた。
s-DSC00142_20161022002815c10.jpg

前回と比べて、メニューはほとんど変わっていない。
s-DSC00128_20161022002817a73.jpg

開店早々で、先客はいない。厨房には店主ひとり体制。食券を渡すと、さっそく調理開始。スピード重視ではなく、ていねいな調理という印象。
s-DSC00129_20161022002818976.jpg

チャーシューは切り落として、バーナーで炙っている。ワンタンは深ざるに入れて、茹でる。キッチンタイマーが鳴る少し前に、底の平らな深ざるを数回に分けて、振り下ろして湯切り。あらかじめ温めていたドンブリにスープを注いで、麺をあけて、具をのせて出来上がり。
s-DSC00132_2016102200282056c.jpg

クリアな油の広がりと濃い醤油の色がいかにもうまそう。飲んでみると、この前とはまた違った印象。鶏油のコクはあまり変わらないが、醤油のインパクトはやや控えめになり、鶏ガラと魚介が中心と思われるが、うま味が重層的になり、なかなかよくなってきたように思える。
s-DSC00133_20161022175850235.jpg

後で店主が言うには、麺は前と特に変えていないそうだが、前回の方が面白い印象だった。これまた、店主がいうには、大麦を配合しているそうである。蕎麦みたいな色のストレート麺は粒々入りで、前回と同じだとすると、やはりスープとのバランスなのだろう。
s-DSC00134.jpg

長ーい穂先メンマ。
s-DSC00135_20161022175852ba4.jpg

ワンタンは少し厚めの皮に生姜の効いた餡が楽しい。
s-DSC00137_201610221758542c1.jpg

チャーシューは豚と鶏の2種類。肩ロースのチャーシューは、小さいけどレアで噛みごたえがいいもの。
s-DSC00138_20161022175855cf0.jpg

そして、鶏のチャーシューは胸肉で、癖がなくさっぱりとして、これもうまい。
s-DSC00139_20161022181028365.jpg

割ってみると、とろりとした半熟タイプの玉子。味つけは控え目。
s-DSC00140_20161022181029eb2.jpg

麺もスープも堪能して、完食。
s-DSC00141_201610221810301da.jpg

他に客もいなかったので、食い終えて、少し店主と話をした。スープは、以前よりたくさんの食材を使っているとのこと。鶏ガラベースは基本だが、げんこつや干しエビなどの乾物なども入れ、今は原価無視でいろいろ試しているそうだ。これからも、ときどき行って、試してみたい。
s-DSC00143_20161022181032f99.jpg

【住所】  横須賀市公郷町1-53-11
【電話】  
【営業時間】
【定休日】 
【アクセス】車で:国道16号線を観音崎方面に向かい、県立大学駅入口交差点を過ぎ、青い鳥幼稚園前を右折。トンネルを抜け、ずっと直進。横須賀線の手前道路を右折。直進した右側車線。駐車場はとなり。
      電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩15分以上。駅前道路を右に進み、衣笠十字路直進。横須賀線をずっと右手にみながら直進した左側。


【駐車場】隣接して3台 
【席数】  カウンター7席
【メニュー】特製醤油らぁ麺950円 特製つけ麺950円
      学生限定醤油らぁ麺500円 
      醤油らぁ麺750円 つけ麺750円
      麺大盛り100円
      味玉・メンマ・海苔各100円
      チャーシュー250円
      ワンタン150円
      ライス(大・中・小)100円
      チャーシュー丼150円
      限定丼200円
【店舗web】twitterhttps://twitter.com/ramen_kawataka
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター